兄との誓い果たせず 島津裕真主将の弟・拓真選手

 「決勝で会おう」―。兄弟で約束した夏があった。大井の遊撃手・島津拓真選手(2年)と、兄で浦和学院の主将を務めた裕真選手(3年)。兄弟そろって甲子園を目指した最初で最後の夏だった。前日に敗退した兄は大舞台での活躍を弟に託し、弟はその思いを胸に必勝を誓った。夢はともに5回戦でついえたが、2人は最大の好敵手にして一番の理解者だった。

 九回裏、5点差を追う大井の攻撃。ベンチから祈るように仲間の打席を見詰める島津選手の手には、兄が身に着けていた白いお守りが握り締められていた。

 夏の大本命と言われていた浦和学院は前日、聖望学園に惜敗。兄はその夜、多くを語らなかったが「後はおまえらに任せるよ。おれらの分も頑張ってくれ」と、お守りを手渡した。弟には兄の悔しさが痛いほど分かった。

 兄は小学3年生から、弟は2年生から、地元の軟式チームで野球を始めた。「いっこ上で、いつも一緒。兄貴はあこがれの存在」。そんな拓真選手が、兄とは違う高校に進学した理由。それは県大会での頂点対決の夢を2人で描いていたからだった。「夏の決勝で兄ちゃんとやる」。上級生とのし烈なレギュラー争いを経て、弟は1年生の秋からレギュラーを勝ち取った。

 負けた兄の分までと臨んだ埼玉栄戦。お守りはズボンの右ポケットに忍ばせた。八回、4巡目でこん身の左前打。だが1点は遠かった。ゲームセット。前の晩、テレビで見た兄のプレー、涙、交わした言葉。いろいろな思いが去来した。「3年生と一緒に甲子園に行きたくて。兄ちゃんを連れて行きたくて…」。それ以上は言葉にならない。地面に突っ伏して泣いた。

 試合後、弟は兄に短いメールを送った。

 「負けちゃってワリぃ」(拓真)

 返信はすぐに来た。

 「頑張ってくれてありがとな。おまえには来年がある」(裕真)

 2人で追った夢は、弟に託された。たぎる闘志を胸に秘め、明日からまた一つ一つ、練習の日々を積み重ねていくつもりだ。今日流した涙を最高の笑顔に変えるために。

http://www.saitama-np.co.jp/news07/24/06s.html

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

さて、お膝下の埼玉県。
優勝候補の筆頭は、村田投手を擁する春日部共栄かな。
それを追うのが徳栄、浦学、浦実、山村学園、農大三高、昌平、武南、聖望、狭山ヶ丘、栄、西武台、立教新座の私立勢。公立勢は全くわかりません。上尾とか市立川越あたりが勝ち残るかな?あー、所商はどうなのかな。

夏終わるまでに農大三と市立川越、浦学、徳栄、共栄、浦実は絶対みたいけど見れるチームは多分2.3校なのかな〜そうなるともう市立川越は絶対外せない。

もっと読み込む...

 

アーカイブ