浦和学院、コールド勝利も初回4失点に檄

(12日・県営大宮ほか)

 第4日は10球場で2回戦24試合が行われ、2試合でサヨナラ勝ち。大井は九回に布施の適時打で、昨年準優勝の埼玉栄を7-6で撃破。所沢西は延長十三回の末、小川を1-0で下した。

 春季関東大会覇者のAシード浦和学院は浦和実に4点を先制されたが、13-4で逆転勝ち。入間向陽は1-0で西武文理に競り勝った。

 快勝したシード上尾の鈴木が大会史上9人目のサイクル安打を達成した。

 第5日は13日、県営大宮など10球場で2回戦の残り23試合が行われる。

◇コールド勝利も初回4失点に檄 浦和学院

 試合後のベンチ裏では森監督の檄(げき)が飛び、まるで敗戦チームのよう。「初回に4点取られたら負け試合。負けなくてよかった」とは本心だろう。

 先発の南が「四球でリズムを崩して立ち直れなかった」と長短4安打を浴び4失点。二回から登板したエース阿部が追加点を与えず、三回に打者一巡の猛攻で6点を奪って逆転し、終わってみればコールド勝ちだった。阿部は「打たれても気にせず、自分の投球をしてくれれば」と南の奮起を期待した。

◇仲間のグラブで力 浦和実

 一回に佐藤の2点二塁打などで4点を先制。打倒・浦学へ勢い付いたが、2点リードの三回に6失点し、試合をひっくり返された。

 三回にマウンドを引き継いだエース菊池は1死も取れず降板。肩の不調でベンチ外だった仲間の小林から託されたグラブを使い、「身が引き締まる思いだった。実力は出し切れた」と振り返る。

 上位常連校は今年は初戦で姿を消すことになったが、主将の飯島は「つらいこともあったが、楽しい3年間だった」と笑顔で最後の夏を振り返った。

(埼玉新聞)

◇2回戦

浦和実4000000|4
浦和学206014x|13
(七回コールド)

【浦和学院】
⑤石 田 2-0-0
④濱 田 2-2-1
⑧ 星  3-1-0
⑦ 原  4-3-4
②久 保 2-1-1
③萩原大 4-2-1
⑨海 野 1-1-0
H石 橋 1-0-0
R川 島 0-0-0
9萩原翔 0-0-0
① 南  0-0-0
1阿 部 3-1-3
⑥小 林 3-1-1

(打数-安打-打点)

▽バッテリー
【学】南、阿部-久保
【実】鈴木、早川、菊池、飯野、久保-上地

▽三塁打 濱田、原(学)
▽二塁打 原、阿部(学)稲垣、佐藤、湯本(実)

実7110223
 振球犠盗失併残
学3733114




拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

もっと読み込む...

 

アーカイブ