安定感の共栄、打力の浦学 関東3枠懸け あす開幕

 秋季県高校野球大会は24日、各地区大会を勝ち抜いた39校が参加して開幕。10月3日に決勝と3位決定戦が行われる。今年は関東高校大会(10月30~11月3日・県営大宮、市営大宮)が本県で開催されるため、上位3校に出場権が与えられる。来春の選抜大会を目指し、し烈な戦いが予想される今大会を、シード校を中心に展望する。

 第1シード春日部共栄は投打にそつなくまとまっており、5年ぶりの関東大会を狙う。エース右腕竹崎はスライダーの切れがよく、救援も右の岡ら駒は十分。打線はミート力のある小泉、中川ら左の好打者が並ぶ。負傷の主砲鎌田も復帰予定。

 昨年覇者の第2シード浦和学院は絶対的エースがいない分、打力でカバーする。地区大会で本塁打を放った4番沼田に加え、3番小林、5番森は長打力を備える。右腕の佐藤は球の切れで勝負。左の松浦、右の池山らとの継投が基本になる。

 北部地区新人大会優勝の第3シード上尾はエース伊藤が万全ではないが、夏の主力7人が残り、経験は豊富。投手は安定感のある左の三宅、右の西舘が軸。打線は主軸の勝木田に期待がかかる。

 夏の埼玉大会を制した第4シード本庄一は甲子園でも登板した左腕エース設楽を中心に守備からリズムをつくる。打線は1番田村が俊足で、4番岡野はパンチ力がある。ただ、初戦の大宮東は左腕吉嶺を中心とした好チームで気が抜けない。

 2年連続の選抜大会出場を目指す花咲徳栄はシード校に劣らない。投手は右の北川、左の日野原らの継投でしのぐ。打線は1番田中、3番大塚健がしぶとい。左腕大岩根を擁する市川越との2回戦は屈指の好カード。

 シードは外れたが、聖望学園も評価が高い。右の滝瀬、竹ノ谷、左の松橋ら夏の大会を経験した投手陣が自慢で、中堅手の奥村らセンターラインが残っているのも強み。

 東部地区新人大会優勝の富士見は左腕川口を中心に守りが堅い。左腕広橋が軸の昌平-市川口、春日部-春日部東の地元対決にも注目したい。好右腕根岸を抱える川越工はダークホースだ。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もういっちょ大学野球選手権より。#明大 の西野捕手(浦和学院)は2015年の高校生捕手の中でも屈指の強肩だった。郡司(仙台育英→慶大)、堀内(静岡→楽天)、伊藤’(中京大中京→法大)と打力も高い3選手が結果的に選ばれたが、もし夏も浦学が甲子園に出ていたなら、選考はもっと揉めていたはず。

もっと読み込む...

 

アーカイブ