浦和学院に背番号1の1番打者/センバツ

 3月23日開幕の第83回選抜高校野球大会(甲子園)の出場32校を決める選考委員会が28日、大阪市北区で開かれた。組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。

 浦和学院(埼玉)の右腕エース佐藤拓也(1年)は出場決定に「甲子園のマウンドが踏めると思うとわくわくします」と目を輝かせた。関東大会では1年生で背番号「1」を背負い、しかも1番打者で活躍。3試合を1人で投げ抜き優勝に貢献した。6年ぶりのセンバツになるが、森士監督(46)は「1番打者で背番号1は不動」と佐藤に絶大の信頼を寄せる。

 佐藤もそのつもりで調整を続けた。この冬は徹底的に走り込み、体幹を強くした。「下半身が大きくなった気がする。体重も3キロ増え73キロに」。本格的な投球はこれからだが、変化球を1つ増やす。135キロ速球とカーブ、スライダーが持ち球だが、チェンジアップを加え、緩急投法に磨きをかける。「1番打者で好機をつくり、マウンドでは負けない投球をしたい。目標は日本一」と優勝宣言した。

(日刊スポーツ)

◇関東王者の浦和学院・小林主将 堂々の優勝宣言

 昨秋の関東大会王者らしく堂々の優勝宣言だ。6年ぶり7度目の甲子園出場が決まった小林主将は「父母の方々や学校関係者の方に感謝を示すには勝つだけ。その気持ちを持って全国制覇したい」と話した。センバツでの埼玉県勢の優勝は68年春の大宮工のみ。小沢友紀雄校長は「野球部が頑張ったことと、頑張る仲間を応援できる2つの喜びがある。ぜひ優勝を勝ち取ってもらいたい」と期待を寄せた。

(スポニチ)

◇浦学「選抜」 喜び爆発  1年生エース佐藤「日本一に」

 第83回選抜高校野球大会の出場校が28日発表され、昨年の秋季関東大会で優勝した浦和学院(さいたま市緑区)が、6年ぶり7度目の出場を決めた。持ち前のパンチ力のある打線と、1年生エースの活躍が注目される。

 出場決定の電話が入ったのは午後3時過ぎ。受話器を取った小沢友紀雄校長は「喜んでお受けします」と笑顔を見せた。待ちに待った吉報は、授業を終えてグラウンドに集まった選手たちに小沢校長から伝えられた。

 森士(もりおさむ)監督は「頑張った成果」と選手らを祝福し、「代表にふさわしい姿で戦いに臨めるように準備していこう」と気を引き締めた。小林賢剛主将は「どのチームよりも校歌を多く歌えるよう、1戦必勝で頑張ります」と力強く宣言。その後、選手たちは校長と主将を胴上げし、抑えていた喜びを爆発させた。

 取材を終えた選手たちは、真剣な表情で準備運動を始め、いつも通りの練習に励んでいた。関東大会で、投打でチームを引っ張った1年生エース・佐藤拓也投手は「全国制覇して日本一のピッチャーになりたい」と目を輝かせていた。

 清水勇人さいたま市長は「厳しい試合を乗り越えてきた皆さんなら優勝も夢ではありません。共に汗を流した仲間との絆と力を存分に発揮し、栄冠を手にしてください」とのコメントを出した。

(読売新聞埼玉版)

◇浦和学院の父子鷹が「三度目の正直」挑戦

 第83回センバツ高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の選考委員会が28日、大阪市内で開かれ、出場32校が決定した。組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。

 浦和学院の父子鷹(おやかだか)が三度目の正直に挑む。6年ぶり7度目出場の吉報を伝え聞いた森士(おさむ)監督(46)は「秋の成績(関東大会優勝)を考えると当確ライン。でも改めて身が引き締まります」と喜んだ。

 今年で就任20周年。春夏合わせ計14回もの甲子園を指揮した名将も、今回は特別な思いがある。次男・光司捕手(2年)が関東大会で背番号2を背負い、親子で甲子園の土を踏む。「現場に出て20年間。神様が与えてくれたんでしょう」と指揮官。父子鷹での出場は、実はこれで3度目。07、08年の夏の甲子園では長男の右腕・大(現早大)を擁して挑んだが、ともに初戦敗退と苦い思い出があるだけに、3度目の挑戦で親子での初勝利を目指す。

 聖地では04年夏に広島商(広島)に勝利して以来、現在5連敗中と白星から遠ざかっている。監督は「もう長い間、校歌を歌っていない。目標はもちろん優勝ですが、地に足をつけて1勝ですね」。初戦を制し、7年ぶりの校歌を親子で歌う。

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

 

アーカイブ