がんばれ浦学:’11センバツ 足袋はいて守備練習 地面を蹴る感覚鍛える

20110209dd0phj000017000p_size5

素足に足袋をはく渡辺健一郎選手=浦和学院グラウンドで、2011年2月6日午後0時47分

 浦和学院野球部のナインらは練習中、足袋をはいてノックなどの守備練習を行う。渡辺健一郎選手(1年)の足袋のつま先は穴があき、練習が終わるころには足は泥だらけになる。渡辺選手は「滑りやすいが、踏ん張ることで足裏の感覚が鍛えられる」と胸を張る。

 ゴム底は約0・5ミリと薄く、池山颯人(はやと)選手(1年)は「足裏のまめがつぶれる」と苦い顔も見せたが、「仲間も痛さを我慢して頑張っている」と話す。川島大輝選手(2年)は「地面を蹴る粘りのプレーにつながります」と前を向いた。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

浦学の闘魂がほんまに好きやねんけど、共感してくれる人おらんかな??

(これは榊原が打席の時)

本日の営業は終了いたしました!
本日はヒートベアーズさんのビラ配りから始まり!日本ハム野村選手ファン!熱烈な浦学ファン!や野球大好きファンなどご来店いただきまして!
ゆったりと野球トークで盛り上がりました!
とても楽しく幸せな時間となりました!
6月30日は是非大宮県営へ!!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ