センバツ浦和学院 俺に任せろ(8)西岡伸朗中堅手、西川元気捕手

◇感謝の春、結果で証明 西岡伸朗中堅手

201203141333.jpg
【写真】チーム一の身体能力を誇り、外野の一角を狙う西岡伸朗(埼玉新聞)

 俊足、強打、強肩―。三拍子そろい魅力たっぷりの西岡が外野の一角を狙う。

 前チームでも明治神宮大会で背番号11を付けるなど、以前から選手としての資質は備えていたものの、「野球に対する考えが甘かった」。精神面のムラっけが、実力を邪魔することも多かった。

 それでも引退した3年生や仲間に支えられ、気持ちを改めた。「応援してくれた人に甲子園で必ず恩返しする」。並々ならぬ決意で臨む覚悟だ。

 これまで公式戦不出場なのが不思議なくらい。チーム一の身体能力を誇る。野球を始めた小学3年から中学3年まで、父・浩志さんに自転車で伴走され毎日10キロ走った。「体力には自信がある」と、田中トレーナーの地獄のトレーニングも常に先頭で仲間を出迎える。

 公式戦デビューがいきなり甲子園と、舞台は整った。「今は野球をやっていて楽しい。チームの勝利に貢献したい」。くすぶり続けたウラガクの大器が結果で証明する。

◇目引く送球、正確無比 西川元気捕手

201203141352.jpg
【写真】捕球してから、速く正確な送球が魅力の西川元気(埼玉新聞)

 見せ場のシートノック。「元気ナイスボール」と次々に声が掛かる。正捕手林崎に負けず劣らず、西川の送球は糸を引くように野手の構えるグラブに吸い込まれる。

 新チームから全大会でメンバー入りしたが、林崎の陰に隠れベンチを温めるだけ。悔しさを公式戦デビューにつなげるべく、この冬は攻守両面でレベルアップを図った。

 攻撃では大きな体に似合わず、バットを短くコンパクトに。守備では体重移動を意識して、武器のピンポイント送球も磨いた。トレーニングにも精力的に励み、「冬を越え、筋肉が成長した感じはある」。春に芽を出す下地は整った。

 右翼手笹川、遊撃手竹村らと同じ小山(栃木)ボーイズ出身。「野球に打ち込める環境で、自分を高めたかったから」と浦和学院の門をたたいた。だからこそ、「グラウンドでプレーをして日本一に貢献したい」。いつまでも控えに甘んじる気はさらさらない。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もういっちょ大学野球選手権より。#明大 の西野捕手(浦和学院)は2015年の高校生捕手の中でも屈指の強肩だった。郡司(仙台育英→慶大)、堀内(静岡→楽天)、伊藤’(中京大中京→法大)と打力も高い3選手が結果的に選ばれたが、もし夏も浦学が甲子園に出ていたなら、選考はもっと揉めていたはず。

もっと読み込む...

 

アーカイブ