甲子園練習初日、浦和学院など16校が室内練習場で汗

20120318k0000m050020000p_size5.jpg
【写真】雨天のため室内練習場で練習する浦和学院の選手たち=阪神甲子園球場で2012年3月17日(毎日新聞)

 第84回選抜高校野球大会の甲子園練習が17日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で始まり、第1日は雨天のため三塁側室内練習場で16校が汗を流した。昨秋の地区大会優勝校の浦和学院(埼玉)、敦賀気比(福井)、神村学園(鹿児島)などはフリー打撃に取り組み、明治神宮大会準優勝の愛工大名電(愛知)は素振りやランニングで体をほぐした。大阪桐蔭(大阪)や早鞆(山口)、21世紀枠の女満別(北海道)はエースが投球練習をしたほか、履正社(大阪)はノック、花巻東(岩手)はバント練習に時間を費やした。聖光学院(福島)はウオーミングアップだけでボールを使わなかった。18日は残り16校が練習する。

 昨秋4本塁打を放った浦和学院の佐藤だが、この日のフリー打撃ではヒット性の当たりがなかなか出ず「状態はいいとは言えない」。それでも「振りは力強くなっている」と表情は明るかった。

 初戦敗退した昨秋の明治神宮大会で愛工大名電の浜田から3三振を喫し、ベンチに下げられた。その悔しさをバネに連日2000スイングをノルマにバットを振り続けてきたことが、自信の裏付けとなっている。背番号1も取り戻した投打の柱は「自分らしいプレーで勝利に貢献し、日本一に」と誓った。

(毎日新聞電子版より抜粋)

◇浦学エース佐藤が日本一宣言

 浦和学院(埼玉)の佐藤拓也投手(3年)が、1年ぶりに戻った甲子園で日本一を宣言した。昨年は1回戦で鹿児島実に3-5で敗戦。甲子園での初戦敗退が5大会連続中だけに「去年は、ふがいない結果。悔しい思いで1年やってきた。今年こそ日本一を取りたい」と意気込んだ。昨夏以来2大会ぶりに背番号1をつけた右腕。投打ともに主軸としての活躍が期待される。

(日刊スポーツ)

◇浦学ナイン、甲子園練習に汗

stm12031722000006-p1.jpg
【写真】バッティングフォームのチェックなどに真剣な浦和学院ナイン=17日午後、甲子園球場(産経新聞埼玉版)

 17日、甲子園球場で始まった第84回選抜高校野球大会の出場校による甲子園練習では、関東代表で県勢の浦和学院ナインらも汗を流した。

 この日は朝に雨が降ったため練習は室内練習場で行われた。浦和学院ナインらは大きな声を掛け合ってダッシュをしたり、打撃フォームの指導を受けたりなど約30分間の調整を実施し、大会初日の敦賀気比(福井)との初戦に備えた。

(産経新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

今日浦学で4限現文の授業してたら私廊下側の1番前の席なんだけどいきなりドアが動いてなんだろうって思ったら5歳ぐらいのおかっぱの赤い服着ててのっぺらな女の子が教室をじっと見てるの。そして入ってきたら先生の方見ててまた歩いたと思ったら消えたんだ。そしてそれをなんで模写してたんだ私。下手

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ