はばたけ浦学:さあ、三重戦だ 勝利から一夜、打撃練習に励む

 第84回選抜高校野球大会に出場している浦和学院の選手は、甲子園での勝利から一夜明けた22日、2回戦へと気持ちを切り替え、練習に励んだ。

 正午すぎ、兵庫県西宮市のバッティングセンターに姿を見せた選手たちは、約3時間マシンを相手に汗を流した。木暮騎士内野手に付きっきりで打撃フォームをアドバイスした笹川晃平外野手は「初戦突破できて良かった。(2回戦で対戦する)三重高校と同じ宿舎なので余計に燃えます」と待ちきれない様子だった。

 この日の午前中、選手たちは1回戦の敦賀気比(福井)戦の記録を元に監督らから課題を指摘されたという。山根佑太外野手は「昨日はボール球に手を出してしまった。今日は意識してスイングしました」と話していた。

 練習中には、センターを訪れていた兵庫県宝塚市立御殿山中学の1年生3人と一緒にボールを拾う場面もあった。浜口大輝君(13)は「打球のスピードが全然違う。大阪桐蔭を応援していたけど、浦学にも勝ってほしくなった」とエールを送っていた。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

熱闘甲子園で、サンダーボルト打線?擁する聖光学院に横浜が挑む!みたいに言われてて、ほぼくじ運でベスト8上がった聖光に浦学育英広陵倒してきた横浜が挑むって言い方おもろいな、みたいな会話を父親としていた

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ