<浦和学院だより>ナインお出掛け休養日 三重戦は27日に

201203241316.jpg
【写真】ショッピングモールに出掛け、本屋で森監督(右)が推薦する書籍に興味を示す浦和学院の選手たち=23日、兵庫県伊丹市内(埼玉新聞)

 大会第3日が雨天中止となり、浦和学院の2回戦、三重戦は27日に順延となった。チームは23日、兵庫県西宮市内の室内練習場で軽めの調整をした。

 野手はマシンで打ち込んだほか、ノックなどで体を動かした。投手陣は5人全員がブルペン入り。前日はノースローだったエース佐藤は50球を投げた。

 打撃練習では森監督自ら打席に入り、選手に手本を見せる場面も。直接指導を受けた石橋は「あんなに教えてもらったので、打たないわけにはいかない」と奮起していた。

 練習後はホテル近くの大型ショッピングモールに全員で出掛けた。選手らは買い物をしたり、アイスクリームを食べたり、思い思いのひとときを過ごした。

 佐藤は「普段遊んでいないので、どういう風に遊べばいいのか分からない」と苦笑い。通い生の林崎は「野球部としてこういう所に来たのは初めて」と興奮していた。

 森監督はリラックスした一日を振り返り、「今日は積極的休養日。雨で一日伸びたし、ちょうどういい。次の試合に最高のパフォーマンスを発揮するため」と話した。

◇浦学・明石主将×三重・岡本主将対談

 2回戦で同宿対決となった浦和学院の明石飛真主将と、三重の岡本拓朗主将が対談し、相手の印象や意気込みを語った。

 ―1回戦を終えて。

 浦和学院・明石(以下明石) 勝てたことはうれしいけど、大差になったので気を抜かないように、試合が終わってから切り替えた。一回にチャンスがあったのに逃した。一回に勝負を決められるように準備したい。

 三重・岡本(以下岡本) チャンスをものにできたし、今まで通りの野球ができた。走塁に少しミスがあった。(エース)三浦は四球をなくせればいい。1回投げたので感覚はつかめていると思う。

 ―対戦相手の印象は。

 明石 (初戦の)試合を待っているときにテレビで少し見た。1回戦は粘り強く勝っていて、勢いがある。

 岡元 テレビで見た。浦和学院は強打で、投手が良い。うちは三浦が3、4点に抑えて競り勝つつもりでやっている。

 ―どんな試合展開か。

 明石 敦賀気比戦のように先に点を取って、追加点、ダメ押しと取っていきたい。九回に5点取ったけど、もう少し早く六、七回あたりで勝負を決められれば。

 岡本 少ないチャンスで、要所で1点、2点と重ねていけたらいい。

 ―意気込みを。

 明石 一戦必勝で、どこと当たっても自分たちの野球をすれば勝てる。残りの練習で自分たちの足元を固めていきたい。日本一にこだわっているので、ここは通過点。

 岡本 5、6点も取れると思っていない。しっかり守って点を取られないようにしたい。みんな優勝を狙っている。上を見ながら、まず目の前の一戦だと考えている。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

今日浦学で4限現文の授業してたら私廊下側の1番前の席なんだけどいきなりドアが動いてなんだろうって思ったら5歳ぐらいのおかっぱの赤い服着ててのっぺらな女の子が教室をじっと見てるの。そして入ってきたら先生の方見ててまた歩いたと思ったら消えたんだ。そしてそれをなんで模写してたんだ私。下手

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ