<浦和学院だより>浦学、きょう準々決勝 4強懸け大阪桐蔭戦

201203300932.jpg
【写真】準々決勝の前日練習で、気合を入れてグラウンドに飛び出す浦和学院ナイン=29日、兵庫県尼崎市の尼崎記念公園野球場(埼玉新聞)

 第84回選抜高校野球大会で10年ぶりにベスト8に進出した浦和学院は30日、兵庫県西宮市の甲子園球場での準々決勝第1試合で20年ぶりの4強入りを懸け、大阪桐蔭と対戦する(11時)。チームは前日の29日、同県尼崎市内で約4時間、最終調整した。

 浦和学院は1回戦で打線が11安打と爆発し敦賀気比(福井)に10-2で圧勝。2回戦ではエース佐藤が3安打完封で三重に2-0で競り勝った。大阪桐蔭は最速150キロを誇る身長197センチの大型右腕藤浪を擁し、チーム打率も出場校中トップと、優勝候補の筆頭。1回戦で花巻東(岩手)を9-2で破り、2回戦の九州学院(熊本)戦は5-3で逆転勝ちした。

 就任1年目、1992年以来のベスト4を狙う浦和学院の森監督は「チームは着実に成長している。この春の集大成を出したい。大阪桐蔭のような強豪に勝たないと全国制覇はない。対等に戦って勝機をつかむ」と意気込みを示した。

◇「総力戦で臨む」 きょう大阪桐蔭戦 4強懸け大一番

201203300935.jpg
【写真】ブルペンで調整するエース佐藤(右)と伊藤(埼玉新聞)

 チームは30日、20年ぶりの4強入りを懸け大阪桐蔭との準々決勝に臨む。前日の29日、兵庫県尼崎市内で約4時間の最終調整を行った。

 シート打撃では大阪桐蔭の197センチ右腕・藤浪を想定して185センチの右腕伊藤らが登板。森監督から「低い打球を意識しろ」と声が飛ぶ中、フリー打撃でも右投手を入念に打ち込んだ。

 優勝候補との大一番へ、森監督は「総力戦で臨みたい。5点差以内の勝負なら勝機がある」と青写真を描く。主将の明石は「気持ちの部分で絶対に負けないようにしたい」と闘志をたぎらせた。

◇4番笹川が意欲

 「明日こそは4番の存在価値を示す」と笹川が燃えている。ここまで5打数1安打。4四死球で出塁はしているが不本意のようだ。

 森監督から連日指導を受け、滑らかにバットが出るようになってきた。この日のシート打撃でも、目の覚めるような打球を左翼席に放り込んだ。「今まではみんなのおかげで勝てた。今後は自分の一打で勝たせたい」と気合を入れていた。

◇佐藤「全力でいく」

 2回戦で三重を3安打完封したエース佐藤が、強打の大阪桐蔭戦へ自信を示した。「自分の特長を生かせれば、そうは点は取られない。テンポ良く打ち取り、攻撃にリズムをもたらしたい」と頼もしい。

 この日はブルペンで25球。緩急の代名詞とも言えるカーブの落差は大きく、キレのある直球は低めに決まった。「やることをやってきたから、相手に全力で向かっていくだけ」と力を込めた。

◇吉川、先発へ決意

 2回戦で木暮が右足首を痛めたため、普段は三塁コーチの吉川が三塁手で先発する可能性が出てきた。「思いきり攻めの野球をする」と決意を示す。シート打撃ではレギュラー組に入り、中越え三塁打を含む3安打。森監督も「一番伸びた選手」と評価する。先発ならば昨秋南部地区予選以来。「守備から盛り上げていきたい」と抱負を語った。

◇気持ち前面に勝機つかめ

201203300944.jpg
【写真】大阪桐蔭戦へ打撃練習する主砲・笹川(右)。奥は山根=尼崎記念公園球場(埼玉新聞)

 「事実上の決勝戦」。森監督、選手ともに、この一戦に懸ける意気込みをこう表現する。

 大阪桐蔭は優勝候補の一角。197センチの大型右腕藤浪は最速150キロの直球を投げ込み、打線も昨秋のチーム打率が3割9分2厘と今大会の出場校中トップだ。

 勝利への道は藤浪攻略。ヒントは2回戦の三重戦にある。三重の好右腕三浦に対して、2安打しか打てなかったが終盤に2点を奪い取った。前半から積極的に振っていったことが、徐々にボディーブローのように効いた。

 疲労が出始めた中盤に、三浦は強力打線を警戒するあまり制球を乱した。浦和学院はストライクゾーンを慎重に見極め7四死球を獲得。勝負どころでタイムリーを放った。

 相手に気持ちよく投げさせるのではなく、「バントの構えやファールで粘ったりして球数を放らせたい」(9番緑川)などの工夫が必要。勝負の後半にそれが生きるはずだ。

 森監督も「(相手投手は)まだ未完成な部分があるので、そこを突ければ可能性がある」と力を込める。当然、少ない好機を生かすには「気持ちで負けないこと」(主将の明石)も大事になる。

 選手たちは全国トップレベルの投手を打つため今冬、多いときで一日2千スイングこなした。その成果を大会屈指の右腕相手に結実させる。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ライオンズ、あまり話題になってないけど早稲田大学の小島和哉を取りに行かないかな?
サウスポーに地元埼玉出身、浦和学院のエース。
地域密着という割に埼玉出身の選手少ないし(;^_^A
#seibulions #早稲田大学 #浦和学院 #小島和哉 #ドラフト会議

小島和哉(早稲田)ドラフト候補の現在は?球速や球種は?浦和での実績も!

追記:プロ志望届を提出しました。 その他、提出選手はこちら →プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限…

sports-brothers.com

浦学の渡邊か徳栄の野村どっちかは獲ってほしい😊

投手なら日体大の松本が1番でしょ。で、東洋大三羽ガラスなら断然梅津。でも適正はリリーフかな。リリーフなら松本の同僚の日体大の東妻や国学院大の清水もいいと思う。日通の生田目は今度こそ指名がしかも上位でありそう。あとは浦学の渡邉君はハズレ1位で消えてもおかしくないかと。

【🎃青学新聞10月号🎃】

✱ミス・ワールド・ジャパン
日本伝統文化賞受賞
三浦菜さんインタビュー🎌💕

✱相模原祭レビュー
武田玲奈さんトークショーの模様✨

✱出雲駅伝🎽

✱社会情報学部
鳥取県に分室 利用方法とは?🐤🐦

もっと読み込む...

 

アーカイブ