甲子園懸けあす開幕 第94回全国高校野球埼玉大会展望

 第94回全国高校野球選手権埼玉大会は11日、県営大宮球場で開幕する。部員不足による連合2チームを含む、157チームが参加。28日の決勝まで、一枚の甲子園行きの切符を懸けて熱戦を繰り広げる。優勝争いの筆頭は春の選抜大会8強のCシード浦和学院。追うのは春季関東大会4強のAシード埼玉栄、同県8強のCシード春日部共栄、昨秋準優勝で連覇を狙うノーシード花咲徳栄。春に躍進したAシード南稜、春日部東、川口の両Bシードら公立勢にも期待。ただ昨秋と今春の4強の顔触れが全く異なるだけに、思わぬ伏兵が“波乱の夏”を演出する可能性もあり得る。激戦の行方を展望した。

◇南稜-浦和学院ゾーン 「浦学筆頭、追う徳栄・南稜」

 昨秋の県大会決勝を争った浦和学院と花咲徳栄に、南稜が絡む展開が予想される。

 盤石布陣の浦和学院。特に佐藤、山口の両右腕、故障から復帰した右の涌本、左横渡邊剛を擁する投手陣の層の厚さは群を抜いている。打線も佐藤、笹川、山根の主軸らどこからでも大量点を奪える破壊力。準々決勝までに敵は見当たらない。

 花咲徳栄は捕手若月、山本、楠本の二遊間ら2年生中心の若いチームで伸びしろは十分。加藤、藤原の主軸、速球が武器のエース右腕高橋航など主力の3年生が引っ張りたい。順当ならば南稜と顔を合わせる5回戦は見もの。

 南稜は高瀬、佐野の両右腕を軸に堅守は健在。攻撃でも機動力に加えて高橋が5番、センス抜群の竹原を1番に固定できたことで打線のつながりを増した。ただ、初戦で対戦する栄東は好右腕久保山を擁し、侮れない。

 投打にまとまる所沢北、滑川総合のDシード勢は接戦に持ち込み強豪私立に一泡吹かせたい。昨秋8強の本庄東と熊谷西の1回戦は網倉、間中の好左腕対決。与野・田中、越谷北・小松の両右腕は長身から投げ下ろす速球が自慢だ。大宮西の左腕草薙は変化球が多彩。坂戸西-川越初雁、深谷商-北本は好カード。

◇所沢商-川口ゾーン 「川口、所商、松山ら混戦」

 上位シードの川口、所沢商や松山、昌平のDシード勢が中心。ただ、大宮東などノーシード校との力の差はなく、どのチームにも4強入りのチャンスはある。

 川口は絶対的エース右腕高窪の出来が勝敗を分ける。1番三浦や丸山、関本、小林の中軸が序盤の好機に一本出し、高窪を援護したい。ただ初戦からいきなりのヤマ場。右腕高木が引っ張る武蔵越生は昨秋16強の好チームだ。抜けても4回戦で対戦しそうな大宮東は福田悠、松本ら強力打線が売り。主戦の渡辺も直球にキレがある。

 これらと5回戦で顔を合わせそうな松山のエース岡本は140キロに迫る直球が魅力の今大会注目右腕。勝負強い清水、金子章、斎藤の一打で試合を優位に進めたい。だが機動力のある八潮南との初戦を皮切りに、3回戦は堅守の正智深谷、4回戦は強打の早大本庄との対戦が見込まれ、油断できない。

 所沢商はスタメンのほぼ全員が2年生。遊撃手で1番の土屋を攻守の要に、投手陣も左腕渡会を中心に駒をそろえる。5回戦までは順当か。昌平は今春活躍した右腕斉藤を軸に、経験豊富な左腕広橋が復調したのは好材料だ。3回戦では攻守に堅実な鷲宮、越谷南-川越工の勝者と4回戦で対戦しそうだ。

◇春日部東-春日部共栄ゾーン 「春東、共栄に迫る無印勢」

 投打に充実の春日部共栄が一歩リード。春日部東が追うが、上尾や本庄一など、ノーシードに実力校がひしめき、最も興味深いゾーンとなった。

 春日部共栄は準優勝した昨年よりも総合力は上。投手は青木、西沢ら右左2枚ずつそろえ盤石だ。打線も1番伊川から下位までムラがない。小林永、鎌田、板倉の3~5番は特に強力。川越東、桶川などがいるがベスト16までは問題なさそう。

 初シードの白岡は大黒柱右腕島田を中心とした堅守が武器。3回戦で対戦しそうな上尾は大南、小山、遠藤の上位打線が活発でエース右腕菊池も粘り強い。浦和実は早川、鈴木の昨年の左右2本柱が残る。いずれかが春日部共栄への挑戦権を得る可能性が高い。

 春日部東は激戦必至。今春に再試合を2度制した勝負強さが最大の持ち味だ。丹羽、田中の右横2枚、左腕熊谷の投手陣は力強い。打線は徳村が4番に入り、厚みを増した。

 だが3回戦では攻守でしぶとい朝霞との対戦が濃厚。5回戦では木下、龍造寺バッテリーがけん引するDシード立教新座、本格派右腕萩原らを擁し夏にはめっぽう強い本庄一、エース川崎、主砲太田がけん引する熊谷商、投打で戦力が充実している市川越が待ち構え、一筋縄とはいかない。

◇成徳大深谷-埼玉栄ゾーン 「埼玉栄軸、聖望など地力」

 走攻守で安定感のある埼玉栄を筆頭に、成徳大深谷らシード勢、ノーシードながら昨秋4強の聖望学園が地力を備える。初戦から好カードが多く、波に乗ったチームが勝ち進む可能性もある。

 埼玉栄は制球力抜群の左腕本間、右腕佐藤大から2年生右腕芝崎への継投が必勝パターン。バックも堅守でもり立てる。打線は俊足ぞろいでどこからでも得点が可能。高橋、坂本は長打力を秘める。

 しかし3回戦から厄介な相手が続く。蕨は攻守でテンポが速くペースにはまると危険。4回戦の富士見は左腕小川、1番谷口ら投打に高レベル。

 5回戦で当たりそうな聖望学園は2年生右腕川畑をはじめ、打線も田浦、田中、巻口ら長打が見込める。右腕林がけん引する久喜北陽との1回戦は注目。昨年初の8強に進んだDシード秀明英光は前チームからの主力、捕手永田と左翼手真壁が攻守の要だ。西武文理の2年生遠藤は左の好投手。

 成徳大深谷は左腕酒井を軸に投手陣が多彩。相手打線によって先発を使い分けられるのは強みだ。4回戦の栄北を越えれば16強までは堅そう。3番多賀を柱に強打が看板のDシード狭山ヶ丘は初戦の2回戦で、捕手横溝が若いチームを束ねる市川口と激突。1点を争う好試合が期待できる。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

共栄 グランドフェンス崩壊してどうなるかと思ってた。
県大会後半 打線に苦しむも逆方向に打てるチームになってたのは素晴らしいの一言❗

浦学・徳栄 に共栄もある❗

埼玉はそれ以外にも強いチームがいる。証明してくれた感じがしました。

でも次も油断したら当確も危うくなる、勝とう!

優勝候補横浜がまさか敗退とか言われてるけど野球にまさかとか絶対はない。最近の埼玉は浦学、徳栄と名が知れ渡っているが春日部共栄も埼玉の強豪校ということを忘れてはいけない。
昨夏の悔しい初戦敗退から本多監督が選手との向き合い方を変えた事が変化に繋がったのか?とりあえずおめでとう!!

浦学⚾徳栄⚾の2強が早々に敗退する中出場した共栄⚾がセンバツ🌸を当確にしてくれたことに意義を感じる。
『甲子園の借りは甲子園でしか返せない』のかも知れないけど、共栄は徳栄の借りを十分返してくれたと思うし、お馴染みのチームを倒して習志野、桐蔭学園と共にセンバツ🌸行けるのも嬉しいね~😊

浦学の渡辺はA評価やけど、2、3年後を見据えての投手やな。

確かに直球は良いモノを持ってる。変化球も。

個人的に直ぐプロは疑問感じる。

じっくり育てれば大谷風には伸びるやろう。

もっと読み込む...

 

アーカイブ