浦和学院 完勝で春夏連続の甲子園!夏は4年ぶりの歓喜!

05248518.jpg 05248563.jpg
【写真左】優勝を決め派手なガッポーズで喜ぶ浦和学院・佐藤(デイリースポーツ)

 第94回全国高校野球選手権埼玉大会の決勝は28日、県営大宮球場で行われ、今春選抜8強の浦和学院が聖望学園を4-0で下し、4年ぶり11回目の甲子園出場を決めた。

 浦和学院は初回、3番佐藤の中前打で1点を先制。4、5、6回と得点圏に走者を送りながらチャンスをものにできなかったが、7回2死二塁としてから7番林崎の左前打で待望の追加点。さらに4番山根の2点適時二塁打でこの回3点を加えた。

 先発のエース佐藤は両コーナーを丁寧につく巧みな投球で相手打線に隙を与えず、3安打完封。勝利の瞬間は力強くガッツポーズをしてみせた。

 ノーシードから3年ぶり4回目の甲子園を狙った聖望学園は、2年生エースの川畑が粘りの投球も終盤息切れ。打線も見せ場を作ることができなかった。

◇浦和学院「何とか脱皮しろ」指揮官のゲキに応えた

 序盤の投手戦から終盤に振り切り、4年ぶり11回目の甲子園行きを決めた浦和学院。森監督は「とてもうれしいです」とホットした様子を見せた。

 初回に1点を先制したが、4、5、6回と好機をものにできない展開。我慢比べが続く中、7回の攻撃前、森監督は「何とか脱皮しろ」とナインにゲキを飛ばしたという。指揮官の思いに応えるように、2本の適時打。森監督は「開き直って振ってくれました」と笑顔で振り返った。

 今春の選抜では8強進出も、準々決勝で大阪桐蔭に逆転負け。悔しさの中での敗戦だっただけに森監督は「春の借りを夏に発揮できれば」と夏の戦いを見据えた。

(スポニチ)

◇浦和学院4年ぶり11度目の夏

 浦和学院が投打で聖望学園を圧倒し優勝。4年ぶり11度目の夏の甲子園出場を決めた。エース佐藤拓也投手(3年)は序盤は制球に苦しんだが、ピンチの場面では力のこもった投球で切り抜け3安打完封と好投した。打撃でも4打数3安打1打点と攻守でチームをけん引した。

(日刊スポーツ)

◇浦和学院・佐藤、3安打完封でV

 浦和学院が隙のない試合運び。エースの右腕・佐藤が3安打完封で締めくくった。1回、1死三塁で佐藤が自ら先制の中前適時打を放つ。「先制できたので落ち着けた」。マウンドでは直球と直球系の動く変化球を中心に配球。準決勝までの6試合で2失策のバックも堅守でもり立てた。粘りの投球に打線も応え、7回に3長短打で3点を奪い、試合を決めた。今春の選抜は8強止まり。佐藤は「最後の夏こそ県勢初の優勝がしたい」と言い切った。

(朝日新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

熱闘甲子園で、サンダーボルト打線?擁する聖光学院に横浜が挑む!みたいに言われてて、ほぼくじ運でベスト8上がった聖光に浦学育英広陵倒してきた横浜が挑むって言い方おもろいな、みたいな会話を父親としていた

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ