<浦和学院だより>本格的練習を再開 フリー打撃で快音響かす

201207311355.jpg
【写真】守備練習する涌本(手前)=30日午前、浦和学院グラウンド(埼玉新聞)

 チームは30日、甲子園に向けて、本格的な練習を再開。一番暑い時間帯を避けるため午前、午後の2部練習を実施した。

 午前は9時から約1時間半、ウォーミングアップ、キャッチボール、シートノックを行った。キャッチボールは個々のペースに合わせ、シートノックでは実際に送球はせず、捕球から送球態勢に入るまでを繰り返した。

 ノックバットを握った森監督は「練習をやりながらも疲れや張りを取る」と意図を説明。ノック後には「思ってたよりも選手たちは、ばててはいなかった」と話した。

 昼食後、水風呂、昼寝などで体力を回復させたナインは午後3時半から打撃練習、ポール間ダッシュを中心に約3時間。3カ所のフリー打撃では森監督から「打つ方向を鮮明に描いて打て」と指示が飛ぶ中、各自がテーマを持ちながら、感覚を確かめるように快音を響かせていた。

 前日は行わなかった技術面の練習が、この日からメニューに組み込まれ、遊撃手竹村は「練習のための練習ではなく、大会で勝つためのイメージをしっかり持って取り組みたい」。主将の明石も「もっと向上心を高めていく」と、したたる汗を気合のこもった表情で拭っていた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

リバディファンファーレ〜怪物〜浦学マーチ
♪キタ───O(≧∇≦)O────ッ♪

来年プロ行って欲しい人

東海山崎
立正渡部
ENEOS藤井
山学平野
浦実豆田

こんなもんか、jfeには今さっき失望した

この試合
観戦した試合で浦和学院に勝った!
実は母校になってた学校。

高森君が投げて打たれる気はしなかったけど、三又君打てる気もしなかった。

ほぼ、負け試合で勝ったのは浦学に勝ちたいと言う執念より、負けたくないと言う執念だったのかな。

夏に続いて良き試合を見せていただいた

もっと読み込む...

 

アーカイブ