<浦和学院だより>甲子園メンバー18人発表 きょう関西入り

201208031339.jpg
【写真】メンバーに入れなかった3年生一人一人と抱き合う主将の明石(右から2人目)、佐藤(中央)ら浦和学院のメンバー=2日午後、同校グラウンド(埼玉新聞)

 関西入りを翌日に控えたチームは2日、同校グラウンドで午前、午後の2部練習を実施。午後の練習前には、甲子園メンバー18人を発表した。

 メンバーは埼玉大会を戦った20人から選出された。優勝投手で、選抜大会でもエースナンバーを背負った佐藤拓也が、引き続き背番号1。県大会では12番だった三塁手の高田涼太が5番に昇格した。左翼手の山根佑太が5から7番へ。左腕の小島和哉が1年生で唯一のベンチ入りを果たした。

 ポジション別では投手が6人、捕手が1人、内野手が6人、外野手が5人。学年別では3年が10人、2年が7人、1年が1人選ばれた。

 チームは3日午前に埼玉を出発し、午後に新幹線で大阪に到着する。

 森監督は、「『いよいよ、戦地の聖地に向かうぞ』と、胸躍る気持ち」と、独特の表現で心境を語る。甲子園出場決定の翌々日から4日間、ナインはハードな練習で体をいじめ抜いてきた。指揮官は「この暑さの中でも、走り込んできた成果は出ているようだ。これからは仕上げの段階に入る」と力を込めた。

◇悲願達成へ心は一つ

 思いを託す者と思いを託される者-。勝負の世界には必ず存在する。

 高校球児なら誰しもが憧れ、夢見る聖地・甲子園。浦和学院ナインは春夏連続でつかみ取った。だがベンチ入りできるのはたったの18人。最後の夏を迎えた3年生も9人が念願を果たせず、森監督にとっても苦渋の決断だったに違いない。

 この日のメンバー発表。メンバー18人、森監督、スタッフがメンバーに入れなかった3年生一人一人と握手を交わし抱き合い、最後は「初めて」(森監督)という全員の胴上げで締めくくった。涙あり、笑顔あり。浦和学院らしい絆の深さを象徴するワンシーンだった。

 埼玉大会からは、内野手の木村と外野手の安室が涙をのんだ。それでも木村は「甲子園を決めるあの舞台にいられただけで幸せだった。メンバーのことを第一に、やれることをやる」。選抜では打席にも立った安室も、「思いきりプレーしてほしい」。ともにありったけのエールを送った。

 仲間の男気にエース佐藤は「泣きながら応援してくれた3年生の思いも背負って全力で戦いたい」と決意に満ちた表情。県大会の背番号12から5に昇格した三塁手の2年生高田は選抜大会時、サポートメンバーの一員だった。「5番をもらったうれしさはあるけど、入れなかった人、特に3年生の分まで頑張る」。感謝の気持ちをグラウンドで表現するつもりだ。

 戦うのは18人のメンバーだけではない。応援団長を務める西尾は、「日本一熱いスタンドにしてみせる」と全力応援を約束。悲願の全国制覇へ、浦和学院ナインの心は一つだ。

◇甲子園メンバー

①佐藤拓也 (3年)
②林崎龍也 (3年)
③明石飛真 (3年)主
④緑川皐太朗(3年)
⑤高田涼太 (2年)
⑥竹村春樹 (2年)
⑦山根佑太 (2年)
⑧西岡伸朗 (3年)
⑨笹川晃平 (3年)
⑩山口瑠偉 (2年)
⑪池山颯人 (3年)
⑫森戸佑樹 (3年)
⑬石橋 司 (3年)
⑭小島和哉 (1年)
⑮吉川智也 (3年)
⑯渡邊 剛 (2年)
⑰涌本亮太 (2年)
⑱服部将光 (2年)

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

どうせ落ちて私立行くなら
浦学か上野学園が良かった浦学阿部ときしと砂糖と原ガスさんとか居るし(;_;)
叡明誰もいないってわけじゃないけど頑張る

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

なぜ教科書を自分で買いに行かなければならない、なぜだ浦学

サンバファンファーレからの
浦学サンバキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ