真剣勝負の夏 闘志 「いよいよスタートライン」

 第94回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)が8日、阪神甲子園球場で開幕した。浦和学院にとって、夏の大会は4年ぶり。約3万4千人の大観衆が見守るなか、元気よく入場行進した。

 「1、1、1、2――」

 38番目。西岡伸朗選手(3年)のかけ声に合わせ、胸に「URAWA GAKUIN」の文字をあしらった縦じまのユニホームが姿を現した。2年前の秋に一新されたため、このユニホームで夏の大会に出場するのは初めてだ。

 埼玉大会の優勝旗を持った明石飛真主将(同)は「夏は気持ちが良い。いよいよスタートライン。戦うための緊張感を保ち、初戦を迎える」と話した。

 三塁側スタンドから眺めていた森士監督は「夏に戻って来られた。この大会に出るため、1年間調整してきた。選手の感性を鈍らさず、真剣勝負を楽しみたい」と意気込んだ。

(朝日新聞埼玉版)

◇浦学ナイン、堂々行進 新調のユニホーム姿で

 夏の甲子園は8日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開会式があった。県代表の浦和学院ナインは、約3万4000人の観客が見守る中、新調した縦じまのユニホーム姿で38番目に登場。明石飛真主将(3年)ら選手18人は、夢の舞台を堂々と行進した。

 明石主将は「いよいよスタートラインに立った。センバツ以来の甲子園で『戻ってきた』という感じです」と興奮気味。先導役の西宮市立西宮高、明石結衣さん(2年)と同じ名字だったことが分かると「運命を感じました。幸先がいいですね」と笑顔を見せた。

 センバツと夏の県大会に続き、行進の掛け声役を務めた西岡伸朗外野手(3年)は「行進の演奏をする楽器の音に気を取られないよう注意した。失敗がなくて良かったです」と話した。

 浦和学院は大会第4日(11日)の第1試合で、高崎商(群馬)と対戦する。

(毎日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

バスで隣に座ってる浦学の生徒が俺の読んでる東洋経済オンラインの記事見てきてきもいからツイート案件だな思ってそのようなこと書いてたら察したのか違うところに移動したわろた

昨日の試合で浦学が叡明っていう中堅クラスに負けたと聞いて驚きが隠せない

浦学まさかの春大2回戦敗退…
これで夏の大会はノーシードからのスタートになった…俺が浦学を応援し始めて20年間で初のノーシード…

もっと読み込む...

 

アーカイブ