<浦和学院だより>勝負の2回戦へ 聖光見据え本格的練習再開

201208141335.jpg
【写真】右投手を相手にシート打撃を行う石橋(中央)ら浦和学院ナイン=13日午前、大阪府豊中市の豊中ローズ球場(埼玉新聞)

 チームは13日、16日の聖光学院(福島)との2回戦に向けて、本格的な練習を再開。大阪府豊中市の豊中ローズ球場などで約4時間、汗を流した。

 選手たちは初戦の白星にも浮かれることなく、すでに気持ちは次戦に切り替わっている様子。しっかりと相手をイメージしながら、きびきびとした動きを披露した。

 シートノックでは森監督が自らノックバットを握り、「打球の方向に踏み出す1歩目を大事に」と基本動作を徹底させ、「ここからが勝負だろ」とナインに気合を注入する場面もあった。

 締めに行ったシート打撃では、聖光学院の右腕岡野を想定。右投手に岡野の得意とするスライダーを多めに放らせ、レギュラー組が打ち込んだ。並行してファウルゾーンでも、高速スライダーにセットしたマシンでバント練習を反復していた。

 二塁手の9番緑川はシート打撃の最後に実施した犠打練習を振り返り、「バントは必ず一発で決めて、流れを持ってきたい」。接戦でこそ勝敗を分ける細かなプレーの大切さを強調していた。

◇出番待つ左の大砲 石橋

 左の大砲・石橋が好調をアピール。レギュラー組に交ざったシート打撃では右翼線に二塁打を放った。「調子はいいし、森先生にも形はいいと言われている。後は配球を読んだり、頭の部分だと思う」と気合を込める。

 1回戦では左投手ということもあり、ベンチを温め続けた。ただ2回戦の相手は右投手。必ず、ここぞの場面で出番が巡ってくるはずだ。「チャンスをもらったら、チームへの貢献を一番に、思いきりプレーしたい」。自身3度目となる大舞台へ準備は万端だ。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

来年プロ行って欲しい人

東海山崎
立正渡部
ENEOS藤井
山学平野
浦実豆田

こんなもんか、jfeには今さっき失望した

この試合
観戦した試合で浦和学院に勝った!
実は母校になってた学校。

高森君が投げて打たれる気はしなかったけど、三又君打てる気もしなかった。

ほぼ、負け試合で勝ったのは浦学に勝ちたいと言う執念より、負けたくないと言う執念だったのかな。

夏に続いて良き試合を見せていただいた

もっと読み込む...

 

アーカイブ