浦和学院26年ぶり16強 逆境で燃えた強力打線

201208181330.jpg
【写真】3回表浦和学院1死、2試合連続の本塁打を放ち、ガッツポーズで二塁へ向かう笹川=17日、甲子園球場(埼玉新聞)

 第94回全国高校野球選手権大会第9日は17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦3試合を行い、1回戦で8年ぶりに夏の甲子園で白星を挙げた浦和学院は、聖光学院(福島)に11-4で圧勝。鈴木健(元西武)を擁し、初出場で4強入りした1986年以来、26年ぶりの16強に進出。就任21年目の森士(おさむ)監督にとっては初の2回戦突破。浦和学院は大会第11日の19日、第3試合で準々決勝進出を懸け、天理(奈良)と対戦する。

 戦前の予想は浦和学院・佐藤、聖光学院・岡野の両右腕の投手戦。だが、1回戦の高崎商(群馬)戦で完封したエース佐藤が、一回に相手主砲の園部に先制3ランを浴びるまさかの展開で試合はスタートした。

 慌ててもおかしくない状況だったが、浦和学院打線はすぐさま反撃を開始した。直後の二回、1死一、二塁から西岡が左中間へ2点二塁打を放つと、さらに2死三塁から竹村の中前タイムリーで同点。竹村が二盗後、林崎が右前適時打を放って、あっという間に逆転に成功した。

 押せ押せムードの中、三回には、笹川の2試合連続アーチと、緑川の左前打で2点を追加。岡野に9安打を浴びせ6得点。1回戦で日大三(西東京)打線を1点に抑えた好右腕を降板させた。

 六回には竹村、佐藤、笹川の3本の二塁打で3点を加え、八回には佐藤が自身甲子園6試合目にして初のアーチを右翼スタンドに描いた。

 終わってみれば毎回の18安打で11得点の圧勝。下位打線から上位につなぎ、上位がさらに強打に点火させる理想的な攻撃を披露した。

 投げても佐藤が、二回以降は変化球主体の投球に切り替え、ソロ本塁打による1点にとどめて4失点完投。

 初回の劣勢をすぐさま跳ね返した打線について森監督は「選手が慌てず、積極的に振ってくれたことに勇気付けられた。落ち着いて野球がやれていて、たくましくなっている」とナインの成長に目を細める。19日の天理戦に向け、「相手は強いのは分かっている。この舞台で試合ができる喜びを前面に出して戦いたい」と意気込んだ。

◇逆境で燃えた強力打線

 一回に3ランできつい先制パンチを浴びた。しかし浦和学院ナインはうろたえるどころか、逆に闘争心に火が付いた。二、三回に計6点を奪って逆転。終わってみれば毎回18安打、11得点で聖光学院を圧倒した。チームとしては26年ぶり、森監督にとっては自身9度目の夏で初めて甲子園で2勝し16強進出。「(試合前に)壁を越えてほしいとは言ったが、目の前のやるべきことに集中してくれた選手にお礼を言いたい」と頬を緩ませた。

 初戦の高崎商(群馬)戦で完封したエース佐藤が一回に3失点した。相手エース岡野は1回戦で夏連覇を狙った日大三(西東京)を1点に抑えた好右腕。「初回に3点取られ、どうなることかと思った」。だが、指揮官の不安は杞憂(きゆう)に終わった。

 二回。県大会から不振だった下位打線から鮮やかな逆転劇が幕を開けた。1死から「自分が必ずチャンスをつくる」と初戦の8番から6番に上がった高田が中前打。明石が7球粘って死球でつなぐと、高田と入れ替わりで8番に下がった西岡が左中間を破る2点二塁打を放ち反撃ののろしを上げた。

 2死三塁から「下位がつないでくれて勇気をもらった」と竹村が低めの変化球に食らい付いて同点の中前タイムリー。さらに二盗後、林崎の右前打で一気に逆転した。三回は笹川の2戦連発などで2点を加え、早々に岡野をノックアウトした。

 リードされても焦らなかった。しっかりとボールを見極め、甘い球を確実にとらえた。六回にも竹村、佐藤、笹川の二塁打で3点、八回には佐藤に甲子園初アーチが飛び出した。

 序盤不振だった佐藤も堅守が支えて中盤以降、立ち直った。攻守がかみ合っての16強入り。だが明石主将は「毎試合、持っている力を出すだけ」と浮かれていない。勝負はこれから。まだまだ満足していられない。目標はもっと高いところにある。

◇強気のスイング 貴重な同点打 4安打の竹村

 浦和学院が誇る安打製造機・1番竹村が4安打の固め打ち。

 二回、西岡の2点二塁打で2-3と追い上げ、なおも2死三塁。相手エース岡野は全球、変化球で勝負してきた。それでも動じず6球目。「何とか同点に」という強い気持ちで低めのスプリットを中前にはじき返した。

 右、中、左への単打を放った後の第4打席には二塁打もかっ飛ばし、長打力も見せ付けた。「自分のスイングをする中で、しっかりとボールを捉えられるようにしている」。2年生とは思えぬ頼もしい心意気だ。

◇笹川、2戦連発で流れ呼ぶ

201208181334.jpg
【写真】3回表浦和学院1死、笹川が2試合連続の本塁打を放つ(埼玉新聞)

 笹川が三回に2戦連続のソロ本塁打を放ち、試合の流れをがっちり呼び込んだ。初戦の3安打3打点に続き、この日は4安打3打点と中軸の仕事を果たした。三塁打が出ればサイクル安打達成だった。

 4-3の三回、「強い打球を打って塁に出る」と真ん中に入ったスライダーを左中間スタンドに運んだ。打球を見届けると右腕を突き上げガッツポーズ。3打席目は「大きいのを狙った後だったし、三塁手が下がっていた」とセーフティーバントを決めた。

 県大会後から構えを変えたことが好調の秘訣。「いつ打てなくなるか分からないので、たくさんバットを振りたい」。背番号9はおごることなくさらなる活躍を誓った。

◇粘りの4失点完投 八回には初アーチ エース佐藤

 1回戦は94球で完封したエース佐藤。この日は一回に3ランを浴びるなど苦しみながらも味方の大量点に助けられ149球、4失点で完投した。

 初回に食らった一発で相手は直球狙いと見抜いた。捕手林崎と相談し、カーブやツーシームなどの変化球主体に切り替えた2回以降は1失点。「悪いなりに投げられた」と胸をなで下ろした。

 八回には3番打者として右翼席に甲子園初アーチを放ったが、「次の試合も一人一人の打者に集中したい」。口から出るのは投球に対する課題や意気込みばかりだった。

◇西岡、努力実った一振り 反撃の2点二塁打

201208181335.jpg
【写真】2回表浦和学院1死一、二塁、西岡が左中間に2点二塁打を放つ(埼玉新聞)

 努力の男がついに、甲子園で花を咲かせた。初戦の6番から8番に下がった西岡が反撃の口火を切る2点二塁打を含む3安打3打点。これまでのうっ憤を晴らす大活躍だ。

 初回に3点を先制され嫌なムードが漂う二回、1死一、二塁で打席へ。カウント1-1から甘く入った直球を見逃さなかった。「しっかり上からつぶせた」と、鋭い打球は左中間を破り2者が生還。チーム全体を「いける」という気にさせた。甲子園7打席目での初安打に塁上では笑顔を見せなかったが、試合後は「素直にうれしい」と白い歯がこぼれた。

 この一振りに懸けていた。初戦は3打数無安打と結果を残せず、森監督からは「お前は1打席。つまらない凡打をしたらすぐに交代だ」とハッパを掛けられていたという。ただ、それは指揮官の期待の裏返しだった。

 だが初戦が終わった後、森監督が最も熱心に指導していたのが西岡だった。打ちにいく際、左腰が逃げてしまう癖や前でさばけるようにと付きっ切りでアドバイスした。

 その課題を宿舎に持ち帰り、地下の駐車場で誰よりもバットを振り込んだ。「使い続けてくれた森先生に恩返しがしたかった。おかげで打てました」。努力の成果を物語る一打は、恩師の思いに報いる一打でもあった。

◇石巻からも心強いエール 快勝に揺れるスタンド

201208181331.jpg
【写真】被災地・宮城県石巻市の人々からの応援メッセージが書かれた応援旗をまとって声援を送る高野凌選手(左)(埼玉新聞)

 26年ぶりの16強だ―。17日、第94回全国高校野球選手権大会で8年ぶりの1回戦を突破した浦和学院が第1試合に登場。毎回となる18安打11得点の猛攻で聖光学院(福島)に11-4で圧勝した。森士(おさむ)監督就任後、夏の甲子園では初の3回戦進出。勝利の瞬間、真っ赤なスタンドは前回以上に揺れていた。

 2回戦突破を目指す浦和学院ナインに頼もしいエールが加わった。

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市でボランティア活動した浦和学院野球部。学校の課外活動で頻繁に訪れている事務部長の車谷裕通さん(50)が、交流の深い鹿妻・子鹿クラブスポーツ少年野球団から1枚の布に記した25人分の寄せ書きを預かってきた。1回戦は学校の事務所に飾られていたが、この日は野球部に託されてアルプスに登場。マントのように羽織って応援する高野凌選手(3年)は「これを書いてくれた人の思いを感じ、できることを全力で」とフィールドの仲間に視線をやる。

201208181332.jpg
【写真】林崎選手の地元・さいたま市桜区から駆け付けた私設応援団がアルプス席から声援を送った=17日午前、甲子園球場(埼玉新聞)

 林崎龍也捕手の地元・さいたま市桜区からは私設応援団が約30人駆け付けた。

 昨年1月に事故で亡くなった父親の和重さん=当時(37)=の人柄にひかれ、今春の選抜出場決定後に友人、知人らが自然と集まったという。さいたま市立大久保中で和重さんの一つ後輩だった前場貴文さん(38)は「チャンスで回ってきたら打ってほしい」。和重さんと同い年の山谷英明さんは、この日が39歳の誕生日。「優勝してほしい。それだけ」。ともに林崎捕手にパワーを送る。

 願いが届いたのか、3-3に追い付いた二回。2死二塁から林崎捕手の右前タイムリーで勝ち越した。その後も笹川晃平右翼手、佐藤拓也投手の本塁打など、自慢の打線が爆発し、毎回となる18安打、11得点の猛攻で快勝した。

 林崎捕手の母親の美紀さん(38)は「応援してくれる方には『ありがとうございます』の一言です。点差があったけど、勝った瞬間はうれしさしかなかった」と笑顔。

 野球部父母会長の緑川美博さん(44)は「こんな大差がつくとは信じられない。次もスタンドが一つになって応援します」と期待を込めた。

 さまざまな思いを背負ってナインは19日、ベスト8進出を懸け天理(奈良)に挑む。

(埼玉新聞)

■2回戦(8月17日)

浦和学院
042003011=11
300000100=4
聖光学院

【浦】佐藤-林崎
【聖】岡野、飯高-長井

▽本塁打 園部、安西(聖)笹川、佐藤(浦)
▽二塁打 西岡、竹村、佐藤、笹川(浦)

【浦和学院】
⑥竹 村5-4-1
②林 崎3-1-1
①佐 藤5-2-2
⑦山 根4-0-0
⑨笹 川5-4-3
⑤高 田4-2-0
③明 石3-0-0
⑧西 岡4-3-3
④緑 川4-2-1

(打数-安打-打点)

安 打:浦18、聖9
失 策:浦1、聖1
三 振:浦2、聖5
四死球:浦2、聖4
盗 塁:浦1、聖1
犠 打:浦6、聖1
併 殺:浦0、聖0
残 塁:浦7、聖8

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

あしたみんな文化祭きてね!
学浦集合だよ!!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ