広島・大竹寛投手(22期生)、自己最多の11勝目

 広島は、数少ない好機で堂林が決勝打を放ち、連敗を2で止めた。中日戦の連敗は5、ナゴヤドームでの連敗は10でストップした。先発・大竹は7回1/3、7安打無失点で11勝目(3敗)を挙げた。

 0-0で迎えた四回、それまで無安打だった広島打線は菊池が初安打。さらに2死一、三塁とすると、堂林が左中間突破の2点二塁打を放ち先制した。今季対中日2戦2勝の大竹は初回、1死から2連打で一、二塁とされたが後続を断ち、その後も要所を締めた。

 堂林は「(四回は)それまでヒットが打てていなくてチャンスがなかったので、集中して打席に入った。いつも以上に気持ちが入っていた。大竹さんに勝ちを付けられて良かった」と話した。

 中日は3連勝中のソトが7回5安打2失点と好投したが、打線の援護がなく、今季初黒星(3勝)を喫した。

(デイリースポーツ)

◇大竹が自己最多11勝目!

 広島大竹寛投手(29)が自己最多の11勝目を挙げた。最大のピンチだった6回2死満塁の場面も、中日小田幸平捕手(35)を148キロの直球で空振り三振。最後は右手人さし指の血マメがつぶれ降板したが、7回1/3を7安打無失点で白星を手にした。「(11勝目は)通過点だと思う。これからが大事なので、しっかり投げていきたい」と語った。今季は中日戦3戦3勝で防御率0・00と相性の良さを見せている。

(日刊スポーツ)

◇試合結果

広島000200000=2
中日000000001=1

【広】大竹、今村、ミコライオ-石原
【中】ソト、ネルソン-小田

▽三塁打 大島(中)
▽二塁打 堂林2(広)

(勝)大竹 21試合11勝3敗
(S)ミコライオ 54試合2勝4敗19S
(敗)ソト 16試合3勝1敗

◇大竹寛投手成績

7回1/3、112球、被安打7、5奪三振、与四死球4、失点0、自責点0、防御率2・16

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ライオンズ、あまり話題になってないけど早稲田大学の小島和哉を取りに行かないかな?
サウスポーに地元埼玉出身、浦和学院のエース。
地域密着という割に埼玉出身の選手少ないし(;^_^A
#seibulions #早稲田大学 #浦和学院 #小島和哉 #ドラフト会議

小島和哉(早稲田)ドラフト候補の現在は?球速や球種は?浦和での実績も!

追記:プロ志望届を提出しました。 その他、提出選手はこちら →プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限…

sports-brothers.com

浦学の渡邊か徳栄の野村どっちかは獲ってほしい😊

投手なら日体大の松本が1番でしょ。で、東洋大三羽ガラスなら断然梅津。でも適正はリリーフかな。リリーフなら松本の同僚の日体大の東妻や国学院大の清水もいいと思う。日通の生田目は今度こそ指名がしかも上位でありそう。あとは浦学の渡邉君はハズレ1位で消えてもおかしくないかと。

【🎃青学新聞10月号🎃】

✱ミス・ワールド・ジャパン
日本伝統文化賞受賞
三浦菜さんインタビュー🎌💕

✱相模原祭レビュー
武田玲奈さんトークショーの模様✨

✱出雲駅伝🎽

✱社会情報学部
鳥取県に分室 利用方法とは?🐤🐦

もっと読み込む...

 

アーカイブ