秋季関東高校野球 選抜懸け15校激突 浦和学院、あす初戦

 来春の第85回選抜大会への最終関門となる高校野球の第65回秋季関東大会は27日、群馬県上毛新聞敷島球場などで開幕。関東6県の代表15校が、選抜大会出場が確実となる4強以上を目指し熱戦を展開する。埼玉からは2年連続で花咲徳栄と浦和学院が出場。27日に3連覇と3年連続の選抜出場を狙う浦和学院が、銚子商(千葉2位)と、28日には埼玉大会で4年ぶり3度目の優勝を飾った花咲徳栄が横浜隼人(神奈川2位)とそれぞれ1回戦を争う。

◇4強入り地力十分 浦和学院

 今夏の甲子園で16強入りし、新チームの始動は約1カ月遅れた。しかし、上尾との準々決勝では九回に4点差をひっくり返しサヨナラ勝ちするなど、地力で4年連続14度目の出場にこぎつけた。初戦は伝統校の銚子商、勝てば群馬1位の前橋育英。実力的に4強以上のチャンスは十分ある。

 期待したいのがエースに成長した1年生左腕小島。目を見張る球速ではないが、内外角への制球力は折り紙付きで、埼玉大会では37回を自責点3、防御率0・73と安定感抜群だった。打線が前チームほど強力でない分、小島の踏ん張りが3年連続選抜大会出場の鍵を握りそうだ。

 投手陣は6人。右腕涌本はツーシームが武器で完投能力を備える。右上の伊藤と左横の渡辺の使えるメドが立ったのも大きい。守備は決勝で4失策したが、甲子園経験者の捕手高田、遊撃手竹村を軸に基本的には堅い。

 チーム打率3割3分2厘の打線は竹村、山根、高田と前チームの主力が健在。1番竹村は4割9厘と高打率で、3番山根と共に好機をつくり、チーム一の7打点と勝負強い4番高田に回したい。下位打線は渡辺、斎藤がいずれも4割を超え、頼もしい。機動力も駆使し相手守備陣をかき回す。

◇挑戦者として戦う 森士監督

 相手うんぬんではなく、自分たち次第。今できる最高のパフォーマンスを本番で発揮したい。1戦ずつ気を通し、挑戦者として戦う。

◇自分たちに流れを 高田涼太主将

 関東に出られることに喜びを感じ一戦必勝で戦う。立ち上がりに先制して自分たちに流れを持ってくる。

◇銚子商 エース軸に堅い守備

 県大会5試合でわずか4失点と、エース宇井野を中心とした守りの野球で15年ぶり16度目の出場を決めた。

 163センチの左腕宇井野は5試合を1人で投げ抜き防御率0・57。最速は131キロだが、47回で四死球10と、低めに集まる抜群の制球力で内野ゴロの山を築いた。1年生遊撃手高上ら守備陣も手堅い。

 チーム打率は2割8分3厘。1試合平均2.6得点と打力はさほどない。強打で鳴らした伝統校だが小技を絡め、つなぎながら1点をもぎ取るスタイル。スタメンの5人は左打者。2番三島、3番宇井野は好調で5番海老、8番稲村は勝負強い。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

もっと読み込む...

 

アーカイブ