夢は咲く・浦和学院:第85回センバツ高校野球(2)

◇チーム得点源の一人 木暮騎士(ないと)選手(2年)

kigurenaito.jpg

 1年時からベンチ入りし、昨春のセンバツに出場したが、2試合で1安打に抑え込まれた。「今大会はきちんと打って、チームに貢献したい」と雪辱に燃える。

 昨秋の公式戦は持ち前の選球眼の良さを発揮した。全13試合で選んだ四死球は10。また二塁打5本を含む11安打を放ち、チームの得点源の一人となった。

 ただ、打撃内容に満足してはいない。「引っ張る打球が多く、右方向の安打がなかった」。反省を生かし、右方向を意識した練習に力を入れる。

 「出るからには日本一を取りたい」。強い気持ちで大舞台に臨む。

◇感動与えるプレーを 贄(にえ)隼斗選手(2年)

niehayato.jpg

 昨秋の公式戦は13試合で13本の安打を放ち、3割を超える高打率を残した。2番打者として「つなぐバッティング」と「チャンスメーカー」の二つの役割を果たした。

 静岡県島田市出身。親元を離れ、寮生活を続ける。浦学への進学を認めてくれた両親への感謝の気持ちを忘れない。持ち味は粘り強さ。「一球でも多く粘って出塁することを意識しています」。練習でも、ボールをたたきつけ、低い打球を打つように心がけている。

 「感動を与えられるプレーをして支えてくれた人たちに恩返ししたい」。大舞台での戦いを心待ちにしている。

(毎日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ