<浦和学院だより>闘志燃やし決戦の地へ きょう関西入り

201303150737.jpg
【写真】自分の守備位置へ勢い良く飛び出す浦和学院ナイン=14日午後、同校グラウンド(埼玉新聞)

 第85回選抜高校野球大会(22日から13日間・甲子園)の組み合わせ抽選会は15日午前9時から、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われる。

 同一地区からの出場校同士は少なくとも準々決勝まで、北海道、東京、大阪、高知など同一都道府県から2校出場している場合は決勝まで対戦しないように振り分ける。決勝までこの抽選で決めたトーナメントで実施する。

 21世紀枠の出場校は、遠軽(北海道)が北海道地区、東日本大震災の津波で学校が壊滅的な被害を受けた、いわき海星(福島)は東北地区、益田翔陽(島根)は中国地区、土佐(高知)は四国地区に入る。開会式での選手宣誓は出場36校の主将全員による抽選で決まる。

◇闘志燃やし決戦の地へ

 15日に関西入りするチームは14日、同校グラウンドで出発前最後の練習を行った。

 午前は各自が課題に取り組み、午後からは走者付きノック、シート打撃など約5時間の全体練習に汗を流した。練習の合間には、道具や荷物をトラックに積み込んだ。

 森監督、富岡部長、山根主将は15日の組み合わせ抽選会に先立って、監督、部長会議、キャプテントーク出席のため、この日に大阪入り。メンバーと帯同選手らは15日朝の新幹線で兵庫に入る。甲子園練習、東洋大姫路(兵庫)鳥羽(京都)ら関西の強豪校との練習試合でチームを仕上げ、22日の開幕に万全を期す。

 いよいよ決戦の地に出発とあって、ナインはいつもにも増して気合の入った表情を見せた。捕手西川は「ワクワクする。『甲子園が始まるんだな』と実感が湧いてきました」と胸を高鳴らせる。右腕山口は「やってやるという気持ちしかない」とリベンジへ、静かに闘志を燃やした。

 二塁のレギュラーとして初めて夢舞台に立つ贄(にえ)は、猛練習の日々を振り返りながら「グラウンドで恩返しするためにも日本一になって、ここに戻ってきたい」と、感慨深げに自分の守備位置を眺めていた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

千葉県インハイトーナメント
学浦会場
学館浦安vs野田中央
今季は学浦は2回目、野田中央は初の観戦です。
前半1-0学浦リード
両チーム共に前線のスペースへボールを蹴り込む展開、セカンドボールの奪い会いの際の気合いが凄い!
ゲーム内容は予想に反して、野田の頑張りで五分五分かな~

もぉ10年間浦学と徳栄に勝ってないのか。

そー考えたら

まじでノーシード厄介だなぁ。

うーん🧐
まぁでも今年の共栄なら大丈夫と思いたい

1発勝負って怖いね

明治のキャッチャー、今更ながら西野なんだ!φ(.. )

浦学時代、何度補殺や牽制死を観た事かw
あれは、凄かった😅

もっと読み込む...

 

アーカイブ