<浦和学院だより>鳥羽と練習試合 打線爆発20安打

 チームは18日、兵庫県西宮市のビーコンパークスタジアムで鳥羽(京都)と練習試合を行い、14-4で圧勝した。

 一回に山根の中越え2ランで先制すると、2-1の三回には高田の左越え2ランですぐさま突き放しに成功。その後も四、六、八回に3点ずつを奪うなど、20安打で14得点を挙げた。

 爆発した打線の一方で投手陣はぴりっとしなかった。先発の右腕山口は直球の制球に苦しみ、5回を6安打2失点。2番手の左腕野村も4回で2失点を喫した。山口は三回に2死走者なしから二塁打と3連続四死球で失点した場面を振り返り、「リズムの良い投球をしなければ」と反省した。

 練習試合も19日の比叡山戦を残すのみ。この日4安打の高田は「甲子園前の大事な試合。いい形で初戦につなげたい」と総仕上げへ意気込んだ。

▽練習試合

浦和学院
202313030=14
011001100=4
鳥羽(京都)

【浦】山口、野村-西川、高田
【鳥】島西、伊藤-北川

▽本塁打 山根、高田(浦)松沢(鳥)
▽二塁打 木暮、野村、服部(浦)神崎2、野渕、島西(鳥)

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

おれが初めて高校ハンドボール見たときが、浦学と川東の決勝で今年の新人戦はその懐かしい組み合わせだー

今負けても最後に勝てばいいから、
浦実頑張れい

ENAの質問箱です
最近回答した質問 → 「浦学の先輩からの乗り換えの早さにうちらは感心してます。...」

peing

ENAの質問箱です

何でも質問してください

peing.net

花徳も境も浦学も全然安全圏だって余計勉強しなくなりそう

もっと読み込む...

 

アーカイブ