初Vの浦和学院、写真で激闘振り返る さいたまで27日から

 第85回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)で初優勝した浦和学院の戦いを振り返る写真展「浦和学院 初優勝の軌跡」(毎日新聞さいたま支局主催、県、県教委、さいたま市後援)が27日から、さいたま市浦和区高砂1のショッピングセンター「浦和コルソ」3階特設会場で開かれる。5月6日まで。

 浦和学院は、県勢として1968年の大宮工以来、45年ぶりのセンバツ優勝を果たした。会場では、初優勝を決めてマウンドで喜び合う選手たちの姿や胴上げされる森士監督、アルプススタンドの応援団の表情などをとらえた写真約50点を展示する。

 また、決勝の済美(愛媛)戦まで全5試合に登板し、優勝の立役者となった小島和哉投手(2年)や、大会記録に並ぶ3試合連続本塁打を放った高田涼太選手(3年)の写真を集めたコーナーもある。

 午前10時~午後8時。入場無料。問い合わせは浦和コルソ(048・824・5555)。

(毎日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ