センバツ優勝の浦和学院がコールド発進

05935342.jpg
【写真】6回を無安打無失点に抑えた浦和学院・山口(デイリースポーツ)

 「春季高校野球埼玉大会2回戦、浦和学院11-1羽生一」(27日・県営大宮)

 センバツ優勝の浦和学院が県大会初戦を七回コールドで圧勝発進した。

 初回、挟殺プレーの間に先制すると、三回には5番・木暮の左越え適時二塁打など、5長短打で一挙5点。七回にも集中打で5点を追加した。

 投手陣では、2年生エース左腕・小島は登板しなかったが、昨秋県大会決勝以来の先発となった右腕・山口が6回を2四球のみの無安打投球。「甲子園では悔しさも大きかった。それを原動力に変えていきたい」と意地を見せた。

 センバツ後、初めての公式戦。森監督は、好機を逃した中盤の攻撃などに触れ「まだまだ修正すべき点はたくさんある。今は切り替える時期。新戦力を充実させていきたい」と、テーマを挙げていた。

(デイリースポーツ)

◇センバツV浦学がコールド発進

 センバツを制した浦和学院が済美(愛媛)戦以来となる公式戦を、7回コールドで圧勝した。

 この日は優勝の原動力となった小島和哉投手(2年)は登板せず、背番号10の山口瑠偉投手(3年)が先発。最速142キロ右腕は6回無安打無失点2四球とほぼ完璧な投球を見せた。

 打線も主将の山根佑太外野手(3年)が4打数3安打3打点と大暴れ。3回と5回に集中打を浴びせ14安打11得点と爆発した。

 森士監督(48)は「試合からしばらく遠ざかっていたので、まだまだ修整すべき点がある。ようやく夏に向けてのスタートを切り始めた所です」と大勝にも気を緩めることはなかった。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

歌:三浦大知
作詞:天皇陛下
作曲:皇后陛下
編曲:田中秀和
Guitar:堀崎翔
Bass:千ヶ崎学
Drums:山内"masshoi"優
Tambourine:永野愛理

野球がないこの冬は暇で仕方ない…

早く春にならないかなー
浦学野球はもちろん、六大学も東都も本当に楽しみで今からワクワクしてる!
河北君と佐野君の投げ合いとか上野君と対決とかあったらもう涙涙で直視できないかも(笑)
浦学の子達みんな頑張ってほしいなー
野球続ける子もそうでない子も全員☺️

もっと読み込む...

 

アーカイブ