浦学×鷲宮 徳栄×埼玉栄 きょう準決勝 春季高校野球県大会

 春季県高校野球大会第6日は4日、県営大宮球場で準決勝が、花咲徳栄-埼玉栄(10時)鷲宮-浦和学院(12時30分)のカードで争われる。ここまで選抜大会出場の浦和学院、花咲徳栄のAシード勢が順当に勝ち進み、埼玉栄は2年連続、鷲宮は唯一の公立校と注目は集まる。決勝を懸ける熱戦の行方を探った。

◇継投濃厚 先取点が鍵 花咲徳栄×埼玉栄

201305040732.jpg201305040733.jpg
【写真左】準々決勝で先頭打者本塁打を放つなど、好調な埼玉栄打線をけん引する1番神山
【写真右】花咲徳栄のエースナンバーを背負う小暮は、制球力で勝負する(埼玉新聞)

 花咲徳栄が投打で圧倒し、5-0で勝った昨秋準々決勝の再戦。両校とも継投が濃厚なだけに先取点を奪えるかが鍵だ。

 埼玉栄は上位打線が好調。花咲徳栄の先発が予想される右腕小暮は、準々決勝で先頭打者アーチを放った神山の出塁を阻止し勢いを止めたい。逆に埼玉栄は溝呂木、酒井の3、4番の前に走者をためられるか。花咲徳栄は2番松本~6番山本竜が準々決勝で複数安打と相変わらずスイングが鋭い。埼玉栄は左腕小島、右腕芝崎らが四隅を突き、打たせて取りたい。

◇強力打線に挑む大塚 鷲宮×浦和学院

201305040730.jpg201305040731.jpg
【写真左】甲子園を席巻した強力打線に挑む鷲宮のエース大塚はバックを信頼し、打たせて取りたい
【写真右】準々決勝で2安打を放った浦和学院の4番高田。序盤の集中打で早々に勝負を決めたい(埼玉新聞)

 地区大会1回戦からの5試合を一人で投げ抜いている鷲宮のエース右腕大塚(45回11失点)が浦和学院の強力打線を封じられるかが最大の焦点。

 粘りが身上の大塚は右打者外角へのスライダーが生命線。浦和学院は右打者で占める3~5番・山根、高田、木暮が踏み込んで捉えられるか。竹村、贄(にえ)の左の1、2番が口火を切りたい。

 先攻・鷲宮、後攻・浦和学院の構図が確実。鷲宮は好調な1番橋本を筆頭に、これまで通り先制パンチを浴びせて大塚を勇気付けたいところ。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

共栄 グランドフェンス崩壊してどうなるかと思ってた。
県大会後半 打線に苦しむも逆方向に打てるチームになってたのは素晴らしいの一言❗

浦学・徳栄 に共栄もある❗

埼玉はそれ以外にも強いチームがいる。証明してくれた感じがしました。

でも次も油断したら当確も危うくなる、勝とう!

優勝候補横浜がまさか敗退とか言われてるけど野球にまさかとか絶対はない。最近の埼玉は浦学、徳栄と名が知れ渡っているが春日部共栄も埼玉の強豪校ということを忘れてはいけない。
昨夏の悔しい初戦敗退から本多監督が選手との向き合い方を変えた事が変化に繋がったのか?とりあえずおめでとう!!

浦学⚾徳栄⚾の2強が早々に敗退する中出場した共栄⚾がセンバツ🌸を当確にしてくれたことに意義を感じる。
『甲子園の借りは甲子園でしか返せない』のかも知れないけど、共栄は徳栄の借りを十分返してくれたと思うし、お馴染みのチームを倒して習志野、桐蔭学園と共にセンバツ🌸行けるのも嬉しいね~😊

浦学の渡辺はA評価やけど、2、3年後を見据えての投手やな。

確かに直球は良いモノを持ってる。変化球も。

個人的に直ぐプロは疑問感じる。

じっくり育てれば大谷風には伸びるやろう。

もっと読み込む...

 

アーカイブ