センバツ覇者の浦和学院、コールド発進

06152833.jpg
【写真】力の入った投球で志木打線に立ち向かう浦和学院・小島(デイリースポーツ)

 「高校野球・埼玉大会2回戦、浦和学院8‐1志木」(12日、市営大宮)

 今春センバツ覇者の浦和学院(埼玉)が、志木を七回コールドで下し、危なげなく初戦を突破した。三回までに7点を奪って主導権を握り、投げてはエース小島和哉投手(2年)も6回1失点と好投した。

 森士(おさむ)監督は、センバツVを経て迎えた今夏に、「過去の結果は過去の結果でしかない。また一から山を登り始めるために、目の前のことを全力でやろうと言っている」と、気持ちを切り替えて臨むことを徹底。コールド発進にも、「すべてにおいて、まだまだ。課題はたくさんある」と、あえて厳しい表情を崩さなかった。

(デイリースポーツ)

◇センバツ覇者・浦和学院、コールド発進!ベストメンバーで勝つ

 今春の選抜大会覇者、浦和学院は初戦の2回戦を7回コールドゲームで制した。

 埼玉大会前の練習試合で振るわず、桐光学園(神奈川)、千葉経大付に敗れた。本調子とはいえない状態で迎えた初戦。森監督はエース小島を先発させるベストメンバーで臨んだ。

 高田がチームの不安を振り払った。春の甲子園で3試合連続本塁打の4番は初回の好機に「つなぐイメージ」で真っすぐを振り抜き、先制三塁打を放った。硬かった選手たちの顔から力みが消え、3回までに7点を奪って大勢を決めた。

 森監督は「春は過去のこと。きょうから新しい山を登っていく」と表情を引き締めた。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

今週の もういっぽん!
【立学:先鋒·小田桐VS青西:副将·氷浦】回。
起死回生に大技を出す中堅姫野も敗れ、
いよいよ青西エース氷浦永遠の出陣。
皆のアツい声援にクールに応える永遠、かっこいい。
永遠、強いなぁ…
技をも綺麗にかける。
どこまで強くなるんだろ。
永遠って表情がほんといい!

東洋大学
今日は河北君先発か☺️☺️
そして津田君、諏訪君と浦学三人がスタメンだった💕
行きたかったー

そしてキャッチャー、佐藤都君✌️
今日も打点に加わっている
東洋大学グランド、埼玉なんだから
今日の #ドラフト
#ライオンズに入って欲しいなぁ
友哉と
捕手&打撃お願い🤲
#東洋大学
#浦和学院

[硬式野球]#東都大学野球 秋季1部リーグ戦・国学大2回戦

1(中)#松本渉
2(二)#小林直輝
3(左)#小峰聡志
4(捕)#佐藤都志也
5(指)#山崎基輝
6(右)#諏訪賢吉
7(一)#酒巻翔
8(遊)#木村翔大
9(三)#津田翔希
 (投)#河北将太

#東洋大 #大学野球 #野球 #TOYO #浦和学院

もっと読み込む...

 

アーカイブ