<浦和学院だより>「戦う場にやってきた」地に足着け甲子園練習

201308050700.jpg
【写真】シート打撃で左翼席にたたき込んだ高田(左)ら快音を響かせた浦和学院ナイン=4日午前、甲子園球場(埼玉新聞)

 3日に大阪入りしたチームは4日、午前9時半から30分間の甲子園練習に臨んだ。

 まず行ったのがシートノック。森監督をノッカーに投内連係などを一通りやった後、バックホーム態勢からの中間球のフライを入念に対策した。

 その後はシート打撃。エース小島を含めたスタメン組は、打席での感触を確かめるようにメンバー外の左右両投手から快音をとどろかせていた。最後は小島、山口、涌本の投手陣がマウンドから投球練習、一塁へのけん制練習で締めくくった。

 練習後、選抜大会優勝時と同じ一塁側ベンチ前で取材を受けた森監督は「あれから4カ月。ここに立っているのが昨日のことのようで、不思議に感じる」とグラウンドに目をやった。以前は甲子園に戻ってくる度に、興奮があったというが「自分たちが戦うための場所にやってきた」と、至って冷静に心境を語った。

 ナインも胸の高鳴りを感じつつ、これからが勝負といった表情だ。

 選抜優勝投手の2年生小島は「何度立ってもこのマウンドは気持ちいい」と言った上で「自分も最後の夏のつもりで目の前の打者に全力で投げます」と地に足を着ける。シート打撃で左翼スタンドに放り込んだ4番高田は「たまたまです」と春と同じコメント。そして「悔いのないように、やってきたことを全て出し切ります」と端正な顔を引き締めていた。

◇きょう組み合わせ抽選

 第95回全国高校野球選手権大会(8日から15日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が5日、大阪市のフェスティバルホールで49代表校が参加して行われる。

 昨年までは3回戦までの組み合わせを決めたが、今大会から回戦ごとの抽選が復活し、初戦の対戦カードだけを決める。勝利チームの次戦の抽選は試合終了後にそれぞれ行う。これまで2日間で実施していた準々決勝は1日で4試合を行い、準々決勝の翌日は大会史上初の休養日となる。

 史上8校目の春夏連覇が懸かる浦和学院(埼玉)や大会2連覇を狙う大阪桐蔭、大会屈指の剛腕の安楽を擁する済美(愛媛)などの対戦相手が注目される。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

歌:三浦大知
作詞:天皇陛下
作曲:皇后陛下
編曲:田中秀和
Guitar:堀崎翔
Bass:千ヶ崎学
Drums:山内"masshoi"優
Tambourine:永野愛理

野球がないこの冬は暇で仕方ない…

早く春にならないかなー
浦学野球はもちろん、六大学も東都も本当に楽しみで今からワクワクしてる!
河北君と佐野君の投げ合いとか上野君と対決とかあったらもう涙涙で直視できないかも(笑)
浦学の子達みんな頑張ってほしいなー
野球続ける子もそうでない子も全員☺️

もっと読み込む...

 

アーカイブ