浦和学院、県大会へ 秋季高校野球南部地区大会

 (10日・県営大宮ほか)

 東、南部で各組代表決定戦、西、北部で各組の1、2回戦を行い、南部F組代表決定戦では、5季連続甲子園出場を目指す浦和学院が大宮東に3-1で逆転勝ちし、県大会へ駒を進めた。

 浦和学院は1点を追う六回に3点を奪った。エース小島は1失点完投。南部はそのほか埼玉栄、蕨、川口、浦和実、慶応志木が勝ち進んだ。

 東部は春日部共栄がコールド勝ちしたほか、栄北、八潮南、蓮田松韻、久喜北陽、越ヶ谷が県大会へ進出した。

 西部ではI組1回戦で聖望学園が狭山ヶ丘に10-0で五回コールド勝ち。北部は本庄第一がI組1回戦で本庄に10-3で七回コールド勝ちした。

 11日は東、南、北部で代表決定戦12試合が行われ、東、南部で代表が出そろう予定。

(埼玉新聞)

■南部F組代表決定戦(9月10日)

大宮東
100000000=1
00000300x=3
浦和学院

【大】中田浩-堀
【浦】小島-大西

▽三塁打 熊倉(浦)
▽二塁打 狩野(大)

【浦学スタメン】
⑥津田
⑨秋山
①小島
③熊倉
⑦酒本
②西野
⑤木村
⑧石森
④土屋

【試合経過】

▽1回表
1死走者なしから連打と失策で先制点を許す。0-1。

▽2回表
連続死球とワイルドピッチで無死二、三塁のピンチも、後続を遊飛、三振、投ゴロに抑える。

▽3回裏
木村、三安。石森送りバントで1死二塁。土屋、一ゴロ。津田、中飛に倒れ無得点。

▽6回裏
土屋、中飛。津田、左安。秋山、右飛。小島の打席の時、津田二盗成功。小島は四球。2死一、二塁。熊倉、2点適時三塁打で逆転。2-1。酒本、適時安打で3-1。西野の打席の時、酒本二盗成功。西野は一ゴロ。

▽9回表
三振、二ゴロ、右飛。三者凡退に抑え試合終了。小島は1、2回こそ苦しんだもののそれ以降は立ち直り、2試合連続二桁奪三振。打線は繋がりを欠き、課題が残った。



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

滝浦静雄、メルロ=ポンティ訳しまくってるのにあんまり現象学系の本出してないの謎すぎる?

高校野球関東大会、まさかの八強に三校はいるという。
開催枠で4でて一回転二回戦を3チーム通るのは中々に( ̄O ̄;
浦学花咲聖望が出てないでこれだからなぁ。
今年の夏はは例年以上に更に混戦かなぁ。

マジやった
山学めっちゃ言い太腿してるもんな!
あの1年から夏レギュラーのやつが投げてんのか?
浦実も山梨学院に勝っとる!
ただ次相模はやばい
共栄も次菅生か

最近浦学と徳栄の2強って言われてたけど…
とうとうその牙城が崩れる時が来るのか…?

【第72回東北学生陸上競技対校選手権大会】

男子4×400mR

🥇1位 仙台大(簗場-水戸-髙橋-松本) 3分20秒60
🥈2位 八学大(鈴木-三上-奥口-大沢) 3分20秒70
🥉3位 福島大(針-佐藤-樗澤-浦) 3分21秒89

優勝した仙台大は3連覇🏅🏅🏅
最後の最後までお疲れ様でした!

#気温よりも熱くなれ

もっと読み込む...

 

アーカイブ