浦和学院、県大会へ 秋季高校野球南部地区大会

 (10日・県営大宮ほか)

 東、南部で各組代表決定戦、西、北部で各組の1、2回戦を行い、南部F組代表決定戦では、5季連続甲子園出場を目指す浦和学院が大宮東に3-1で逆転勝ちし、県大会へ駒を進めた。

 浦和学院は1点を追う六回に3点を奪った。エース小島は1失点完投。南部はそのほか埼玉栄、蕨、川口、浦和実、慶応志木が勝ち進んだ。

 東部は春日部共栄がコールド勝ちしたほか、栄北、八潮南、蓮田松韻、久喜北陽、越ヶ谷が県大会へ進出した。

 西部ではI組1回戦で聖望学園が狭山ヶ丘に10-0で五回コールド勝ち。北部は本庄第一がI組1回戦で本庄に10-3で七回コールド勝ちした。

 11日は東、南、北部で代表決定戦12試合が行われ、東、南部で代表が出そろう予定。

(埼玉新聞)

■南部F組代表決定戦(9月10日)

大宮東
100000000=1
00000300x=3
浦和学院

【大】中田浩-堀
【浦】小島-大西

▽三塁打 熊倉(浦)
▽二塁打 狩野(大)

【浦学スタメン】
⑥津田
⑨秋山
①小島
③熊倉
⑦酒本
②西野
⑤木村
⑧石森
④土屋

【試合経過】

▽1回表
1死走者なしから連打と失策で先制点を許す。0-1。

▽2回表
連続死球とワイルドピッチで無死二、三塁のピンチも、後続を遊飛、三振、投ゴロに抑える。

▽3回裏
木村、三安。石森送りバントで1死二塁。土屋、一ゴロ。津田、中飛に倒れ無得点。

▽6回裏
土屋、中飛。津田、左安。秋山、右飛。小島の打席の時、津田二盗成功。小島は四球。2死一、二塁。熊倉、2点適時三塁打で逆転。2-1。酒本、適時安打で3-1。西野の打席の時、酒本二盗成功。西野は一ゴロ。

▽9回表
三振、二ゴロ、右飛。三者凡退に抑え試合終了。小島は1、2回こそ苦しんだもののそれ以降は立ち直り、2試合連続二桁奪三振。打線は繋がりを欠き、課題が残った。

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

【社会学】データでわかる2030年の日本 《三浦 展》 洋泉社 2013-05-10 P: 携:https://t.co/6rsmOX9Mf3

浦学のショートの中前君を竹村二世とか言ってる動画、オレしか分からなすぎて最高

Amazon医学・薬学・看護学・歯科学 > 眼科学 売れ筋ランキング6位 形浦 昭克『2つの顔を持つ臓器 扁桃とその病気』

浦学の蛭間は来年早稲田に来るのか!楽しみやな

浦学の渡邉とか当たりやと思うんやけど全体20番目まで残ってるんかね

もっと読み込む...

 

アーカイブ