秋季高校野球県大会 きょう組み合わせ抽選会

 秋季県高校野球大会の組み合わせ抽選会は17日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、各地区大会を勝ち抜いた39校の対戦相手が決定する。

 来春の第86回選抜大会への最終関門となる関東大会(10月26~30日・茨城)への切符は2枚。現時点では、昨年の関東大会決勝を争った浦和学院と花咲徳栄のような抜きんでたチームは見当たらないだけに、抽選結果が今後の展開を大きく左右する可能性は十分にあるだろう。

 混戦の中で有力視されるのは、エース小島を擁し5季連続の甲子園出場を狙う選抜大会の覇者・浦和学院、今春の選抜出場メンバーから大きく入れ替わった花咲徳栄、今夏の主力が数多く残る春日部共栄、同準優勝で西部地区大会の代表決定戦では聖望学園を延長十四回サヨナラで下した川越東。軸となりそうなこれらの4校と、今夏4強の市川口、同8強の市川越らがどのゾーンに入り、どこと初戦を争うのか興味深い。

 春秋を通じ、初の県大会出場を勝ち取った山村学園と山村国際の抽選結果にも注目したい。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

千葉県インハイトーナメント
学浦会場
学館浦安vs野田中央
今季は学浦は2回目、野田中央は初の観戦です。
前半1-0学浦リード
両チーム共に前線のスペースへボールを蹴り込む展開、セカンドボールの奪い会いの際の気合いが凄い!
ゲーム内容は予想に反して、野田の頑張りで五分五分かな~

もぉ10年間浦学と徳栄に勝ってないのか。

そー考えたら

まじでノーシード厄介だなぁ。

うーん🧐
まぁでも今年の共栄なら大丈夫と思いたい

1発勝負って怖いね

明治のキャッチャー、今更ながら西野なんだ!φ(.. )

浦学時代、何度補殺や牽制死を観た事かw
あれは、凄かった😅

もっと読み込む...

 

アーカイブ