浦和学院が初戦粘り勝ち/高校野球 – 日刊スポーツ

<秋季高校野球埼玉大会:浦和学院6-3慶応志木>◇22日◇2回戦◇県営大宮

 今春センバツ王者の浦和学院が粘り勝ちで初戦を突破した。

 先発の小島和哉投手(2年)が10安打3失点で完投した。6点リードの8回に1点を返され、2死二、三塁からは中前に2点適時打を許し、計3点を献上した。

 森士(おさむ)監督(49)は「(小島は)まだまだ。最終回は球がいっていたけどなあ。常によくいかないのが野球です」と複雑な表情を浮かべた。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ