明大新入生の竹村春樹選手らが練習初合流

201402031800

明大の島岡寮の前で握手する前橋育英・荒井(左)と浦和学院・竹村

 東京6大学リーグの明大が3日、東京・府中市のグラウンドで練習を行い、今春入学する新1年生部員が初合流した。

 昨春センバツで日本一に輝いた浦和学院(埼玉)竹村春樹内野手(3年)、昨夏日本一に輝いた前橋育英(埼玉)荒井海斗内野手(3年)、桐蔭学園(神奈川)斉藤大将投手(3年)ら有望選手がそろった。

 高校日本代表にも選出されていた竹村は「初日で緊張感がありました。体を動かす中で、環境に慣れていきたい」。荒井は「とうとう大学野球が始まった。ワクワクしながらやっています」と興奮気味だった。

(日刊スポーツ)

◇明大・竹村「自分を磨きたい」新入生チーム合流

 東京六大学リーグ・明大の新入生が3日、東京・府中市内のグラウンドでチームに合流。昨春センバツを制した浦和学院(埼玉)の竹村春樹内野手と、昨夏の甲子園で初Vを飾った前橋育英(群馬)の荒井海斗内野手ら14人が体幹トレーニングやティー打撃など約3時間の練習に参加した。

 昨夏、桐光学園(神奈川)の松井裕樹投手(現楽天)らとともに18U野球ワールドカップで準Vを果たした実績を持つ竹村は、初練習を終えて「設備も素晴らしくて、こういうところで自分を磨きたいと思いました」と話した。

 荒井直樹監督(49)との親子鷹で高校の頂点に立った荒井も「とうとう大学野球が始まった。六大学という高いレベルの中で、人間的にもレベルアップしていきたいです」と期待を膨らませていた。

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

総体
神奈川県2次予選
準々決勝
2019.6.16
@日大藤沢G

三浦学苑 2(延長)1 平塚学園

後半13分 8渡邊波季(平塚学園)
後半40分+4 10相原琉希(三浦学苑)
延後8分 6押本凌弥(三浦学苑)

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

2019 インターハイサッカー男子
神奈川予選

▼準々決勝
日大藤沢 3-2 横浜創英
東海大相模 3-2 湘南工大附
橘 0-1 桐光学園
三浦学苑 2-1 平塚学園

▼準決勝
日大藤沢 vs 桐光学園
東海大相模 vs 三浦学苑

先制した平学がキーパーのスーパーセーブやポストなどに助けられK1三浦を倒したと思われたが最後セットプレーから押し込まれ延長に。暑いし疲れたで笑2試合連続延長はきつい

もっと読み込む...

 

アーカイブ