めざせ甲子園 熱闘球児(下)浦和学院・田畑瑛仁捕手

201407040900
【写真】夏の戦いを前に、快音を響かせる田畑。シュアな打撃が魅力だ

 父は元プロ野球選手-。昨年のセンバツを制した浦和学院(埼玉)の田畑瑛仁捕手(3年)は5番を打つ中心選手として、最後の夏にかけている。父は、巨人の1軍投手コーチを務める田畑一也氏(45)。昨年までは控え捕手だったが、父親譲りの強肩と強い精神力で、昨年のセンバツで優勝投手となったエース左腕、小島(おじま)和哉投手(3年)らと甲子園を目指す。

 西日が傾く練習グラウンド。選手たちの声が飛び交った。

 「声出せ!」

 「1球の大事さが分からないか!!」

 激戦区の埼玉でも練習の厳しさで知られる浦和学院。ミスがあると、選手たちは互いを激しく叱責する。勝つために、妥協は許されない。守備の要、田畑も声を張り上げた。

 「甲子園に行きたい」と浦和学院の門をたたいた。入学当初、高校側にダイエー、ヤクルト、巨人などで通算37勝を挙げた父・一也氏の次男ということを知らせていなかった。親の七光ではなく、練習で汗を流し、優勝した昨年のセンバツでは、第3捕手としてベンチ入りした。

 1メートル75、74キロ。体格は標準だが、シュアな打撃と強肩が武器で、「5番・捕手」をまかされている。昨年のセンバツ優勝投手として注目されるエース左腕、小島の女房役として起用する森士監督(50)の期待も大きい。

「小島が一人で負担を感じないよう、田畑には肩の強さだけでなく、負担を軽くする精神的なリーダーシップをとってほしい。攻撃では線になるような打撃を心がけてもらいたい」

 2年生だった昨夏はベンチ入りできず、選手として夏の戦いに挑むのは初めて。今年は春の埼玉県大会を制し、優勝候補と注目される中、春から打撃と走り込みを強化してきた。埼玉から全国へ-。田畑の熱い夏が始まる。

◇田畑 瑛仁(たばた・あきひと)

 1996(平成8)年10月8日生まれ、17歳。埼玉県出身。新曽中時代は、硬式の戸田東シニアで全国大会出場。浦和学院では1年秋からベンチ入りし、優勝した昨春センバツも控え捕手としてベンチ入り。昨夏はベンチから外れたが、最上級生となり、中心選手に。1メートル75、74キロ。右投げ左打ち。家族は父・一也氏、母と兄、弟。

(サンスポ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

なんか勘違いしてるけど
別に自分は浦学が嫌いとか思ってない!

ただ徳栄とのライバルだからそう見えてしまうだけ

普通に浦学の試合は見に行くし、
徳栄の試合も見に行くし、
行ってる野球バーのマスター元浦学だし!

嫌いじゃないよ!浦学😊

本日の営業は終了しました!
昨日とのギャップでこんなに落ち着く?👀👀ってほど落ち着いておりました!
皆様日曜日もよろしくおねがいいたします!
そして平日も是非グラスラマジックにかからないように一杯二杯嗜みにご来店ください!
本日は浦学OB.聖光学院OBがご来店くださいました!

【埼玉県勢過去のセンバツ】

第40回 大宮工が優勝🏆️
第65回 大宮東が準V🥈
第70回 浦和学院が8強
第75回 花咲徳栄が8強
第80回 聖望学園が準V🥈
第85回 浦和学院が優勝🏆️

区切りの大会で結果を出す傾向あり。
ということは次は3年後か…😑💦

#記念大会
#大宮工
#大宮東
#聖望学園
#浦和学院

もっと読み込む...

 

アーカイブ