<練習試合拝見>浦学、打線につながり 小島は6回2失点

 春季県大会の覇者で2度目の3連覇を狙うAシードの浦和学院は6日、同校グラウンドで千葉経大付と昨夏の全国選手権を制した前橋育英(群馬)と大会前最後の練習試合を行い、それぞれ3-3、5-5といずれも引き分けた。

 浦和学院・小島と前橋育英・高橋光と昨年春、夏の甲子園優勝投手が先発した2試合目は、一回に小島が先制打を浴びたが、三回に3番津田の2点二塁打で逆転すると、六回には代打西野の左前打、七回にも4番山崎の二塁打で2点を追加。高橋光から8安打で5点を奪った。小島は高橋光に本塁打を打たれるなど6回5安打2失点だった。

 1試合目も九回に代打西野が初球を振り抜き、同点打を放ったりと、課題とする打線につながりが出て、森監督も「思い切りの良さが芽生えてきたし、いろいろな面で踏ん張りが利くようになってきた」と一定の手応えはつかんだ様子。

 一方で1試合目は走塁ミスが2度、2試合目にはスクイズのサイン見逃し、不用意な失策も見られ不安も残った。捕手田畑は2度の後逸を反省しつつ「最後は基本が底力になる。割り出されている課題を一人一人が克服していきたい」と、11日の初戦を見据えた。

◇試合を重ね感覚を

  「全然ダメ」と言いながらも、小島は6回を5安打2失点でまとめた。

 言葉で説明するのは難しいようだが“つかまえる感覚”がしっくりこず納得できる球は1、2球しかなかったという。六回に高橋光に打たれた特大本塁打も「低め(の直球)が垂れてしまった」と135キロを運ばれた。

 自身最後の夏は、まもなく幕を開けるが、百戦錬磨のエース左腕は焦らない。「たくさん経験をさせてもらっている分、試合を重ねながら、言葉ではなく、体で感覚をつかんでいきたい」と力を込めた。

▽練習試合

千葉経大付
110000001=3
010100001=3
浦和学院

【千】柿原、岡本、小林、永田-黒田
【浦】小倉、本沢、酒井-田畑

▽三塁打 田畑(浦)
▽二塁打 稲村、孫山(千)秋山(浦)

浦和学院
002001200=5
100001300=5
前橋育英(群馬)

【浦】小島、宇野、岸-田畑
【前】高橋光、喜多川-兵頭

▽本塁打 高橋光(前)
▽二塁打 津田、石森、山崎(浦)工藤(前)

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

#浦和学院

🎧 Anly / 笑顔

リクエストありがとうございます❤︎

いつも動画見てくださっている方々本当にありがとうございます⚾︎

浦学の子って可愛い人が多いイメージ

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

2018年12月は2と7!宜しくお願い致します!
02(日)
NON baNd/ZZZoo(ヤマジカズヒデ+田畑満+森川誠一郎)/ジンタラムータ
07(金)
「純音楽家 遠藤賢司を語ろう【第二回】ローディーが語るエンケン
~遠藤賢司研究会(エンケンケン)」
早健/浦邊力/よう介/友清大愚/太田吉彦/湯浅学/サミー前田

もっと読み込む...

 

アーカイブ