記事の詳細

201409021331
【写真】投打で活躍した(左から)沖縄尚学・山城、智弁学園・岡本、浦和学院・小島

 野球のU-18(18歳以下)アジア選手権第2日は2日、バンコク近郊で1次リーグが行われ、1組の日本はスリランカに20-0の五回コールドゲームで圧勝し、開幕2連勝とした。

 一回に岡本(奈良・智弁学園)や香月(大阪桐蔭)ら打線が畳み掛け、7長短打などで9点を先取。その後も攻め立て、五回途中に4点を奪って規定によりコールド勝ちを決めた。山城(沖縄尚学)-小島(埼玉・浦和学院)の継投で一人の走者も許さなかった。

 3日の1次リーグ最終戦で中国と対戦する。

◇涼しい顔で“完全リレー”

201409030800
【写真】1次リーグのスリランカ戦で“完全試合リレー”の快投を見せた先発・山城(左)と2番手・小島=パトゥムタニ

 スリランカとは歴然とした力量差があったとはいえ、山城と小島は涼しい顔で“完全試合リレー”の快投を見せ、日本の連勝に花を添えた。

 山城は米大リーグの名投手ノーラン・ライアンのように左脚を高く上げて投げることから「琉球のライアン」の異名を取る。「テンポ良く投げよう」と考えたこの日は独特の投法を封印し、公式戦で初めてセットポジションだけで投げた。低めに集めることを意識して3回6奪三振と圧倒。「ノー・ライアン・デーだった」と、ちゃめっ気たっぷりに話した。

 後を受けた小島はカットボールやスライダーを織り交ぜて2回を完璧に抑えた。昨年の選抜大会優勝投手は「いい感じで投げられた」と、マウンドの違いにもしっかり対応できたようだ。

 格下に投げ、味方の攻撃時間が長くなった展開でも集中力を切らさなかった。隙を見せなかった両投手を、高橋監督は「申し分なかった」と手放しで褒めた。

(埼玉新聞)

 試合結果
 1次リーグ1組・第2戦 9月2日
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
スリランカ 0 0 0 0 0         0 0 4
日本 9 6 0 1 4x         20 19 0
【ス】Duvin、Tennakoon-Vasitharan【日】山城、小島-栗原
▽三塁打:脇本、徳本、岡本、峯本(日)
▽二塁打:岸、安田、峯本、香月(日)
 日本メンバー
打順 守備 選手名 学校名 打数 安打 打点
1 (右) 脇本 健大高崎 4 2 2
2 (二) 峯本 大阪桐蔭 5 2 3
3 (一) 岸田 報徳学園 2 2 2
  走一 安里 沖縄尚学 2 1 0
4 (DH) 岡本 智弁学園 5 3 2
5 (三) 香月 大阪桐蔭 4 3 3
6 (左) 明徳義塾 4 2 1
7 (捕) 栗原 春江工 2 1 0
8 (遊) 安田 明徳義塾 3 2 2
9 (中) 徳本 龍谷大平安 1 1 3
32 19 18
 投手成績
TEAM 勝敗 選手名(学校名) 被安打 奪三振 与四死球 失点 自責
日本 山城(沖縄尚学) 3 0 6 0 0 0
  小島(浦和学院) 2 0 3 0 0 0
スリランカ Duvin 2/3 5 0 4 8 8
  Tennakoon 3回2/3 14 0 6 12 10
 浦学選手の成績

 小島投手が2番手で今大会初登板した。4回は三振、右邪飛、三振。5回は三振、投ゴロ、投ゴロ。2回を投げ、被安打0、3奪三振、四死球0、無失点に抑えた。

 フォトギャラリー

20140902_01 20140902_10 20140902_14 20140902_15

拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る