浦和学院・小島、台湾戦へ向けブルペン調整

 第10回U-18アジア野球選手権の高校日本代表は4日、タイ・バンコクのクイーン・シリキット球場で5日の準決勝、台湾戦へ向けて練習を行った。

 午前8時から2時間、強い日差しが照りつける中で練習した高校ジャパン。ブルペンで調整した小島和哉投手(浦和学院3年)は「相手の強さに関係なく、自分の投球をしたい」と意気込む。高橋広監督(59)=鳴門渦潮=は「きのうのミーティングでは、(準決勝は)甲子園の初戦のつもりで戦えと話している。練習の動きも良かった」と話した。

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

もっと読み込む...

 

アーカイブ