浦和学院・小島、台湾戦へ向けブルペン調整

 第10回U-18アジア野球選手権の高校日本代表は4日、タイ・バンコクのクイーン・シリキット球場で5日の準決勝、台湾戦へ向けて練習を行った。

 午前8時から2時間、強い日差しが照りつける中で練習した高校ジャパン。ブルペンで調整した小島和哉投手(浦和学院3年)は「相手の強さに関係なく、自分の投球をしたい」と意気込む。高橋広監督(59)=鳴門渦潮=は「きのうのミーティングでは、(準決勝は)甲子園の初戦のつもりで戦えと話している。練習の動きも良かった」と話した。

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

山村学園が浦学や徳栄の驚異であることは間違いなし😱

東海大相模相手に負けたとはいえ
延長戦にまで持ち込んだのはスゴいよ😆

春日部共栄さん、浦和実業さん、山村学園さん、東農大三さん、そして花咲徳栄さん、夏は浦学ですよ。

もっと読み込む...

 

アーカイブ