きょう準々決勝 準々決勝展望 秋季高校野球県大会

 秋季県高校野球大会は2日、県営大宮、市営大宮で準々決勝を行い、ベスト4が決まる。第1シード聖望学園が初戦で敗れる波乱もあったが、2季連続の甲子園を狙う春日部共栄、浦和学院、花咲徳栄のシード勢は順当に勝ち進んだ。川越東、昌平の私学に加え、市川越、春日部東、朝霞と公立勢も名を連ねた。くしくも各カードが東西南部地区同士の激突となった準々決勝を展望する。

◇市川越vs川越東「屈指の好投手激突 鍵握る序盤の攻防」

 県内屈指の好投手が顔を合わせる注目カード。市川越の右腕登坂、川越東の左腕高橋は両エースともにキレのある直球が持ち味。どちらも尻上がりに調子を上げるタイプだけに、序盤の攻防が一つのポイント。打力では上位から下位まで左打者が並ぶ川越東打線が一枚上か。市川越は捕手原田と宮崎、前村の二遊間を中心に堅実な守備からリズムをつくりたい。

◇春日部東vs春日部共栄「足封じ接戦に勝機」

 10年ぶりの8強入りを果たした春日部東は右横の小川、右上の木下を中心とした粘り強さが最大の武器。接戦を制して勝ち上がったこれまで同様に、ロースコアの展開に持ち込めば勝機が見えてくる。春日部共栄はエース右腕高野の疲労が不安材料で、秋間、石川の先発もありそう。例年以上に機動力を駆使する打線と春日部東バッテリーの戦いも見どころだ。

◇花咲徳栄vs昌平「王者に挑む方程式」

 昌平は地区大会から岩瀬、山田の継投が勝利の方程式。3回戦でランニング本塁打を放った野崎や浅井、藤塚ら打線も好調だ。投打で完成度の高い昨秋王者の花咲徳栄は冷静な試合運びができれば優位は揺るがない。1年生左腕高橋を軸とする投手陣は右腕鎌倉の復帰が好材料。バント安打などの小技を封じるためにも、昌平ナインは最大限の集中力が必要となる。

◇朝霞vs浦和学院「継投と経験で勝負」

 夏も正捕手を務めた中野ら10人が新チームに残る朝霞は経験で勝る。夏の3回戦で浦和学院を破った川口の左腕中島を既に攻略しており、いい精神状況で試合に臨めそうだ。エース柴崎に加えて田頭、伊東、池田と顔触れ豊かな投手陣をマウンドに送るタイミングも重要なポイント。地力上位の浦和学院はエース左腕の江口が我慢強く打線の援護を待ちたい。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

朝まで生テレビ出演者武見敬三(自民党・参議院議員) 長妻昭(立憲民主党・衆議院議員) 田村智子(日本共産党・参議院議員) 荻原博子(経済ジャーナリスト) 小松隆次郎(テレビ朝日報道局厚生労働省担当) 田坂広志(多摩大学大学院名誉教授) 二木芳人(医師、昭和大学医学部客員教授) 三浦瑠麗(国際政治学者)

国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』が、NHK BS8Kで、先行放送されるそうです。7/11(土)PM3:00
第二次世界大戦末期の京都大学の物理学研究室に海軍から下された密命。科学者として兵器開発をすすめるべきなのか苦悩する研究者たち。
柳楽優弥,有村架純,三浦春馬さんご出演

「太陽の子」BS8K先行放送のお知らせ

国際共同制作 特集ドラマ 【BS8K先行放送のお知らせ】 2020年...

www.nhk.or.jp

中学の自分にめいれいするなら、高校は所高か浦学に行くように命令したい
大学は昭和女子の会フのままで笑

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ