浦和学院8強、左腕江口が2安打完封

 昨春センバツで日本一に輝いた浦和学院(埼玉)が、8強進出した。

 エース左腕の江口奨理投手(2年)が、無四球で2安打完封。「県大会の時はランナーを出してから抑えるピッチングでしたが、関東大会までの期間で反省して、1人1人しっかりと、丁寧に投げました」と納得の表情だった。

 森士監督(50)は「相手の両投手はコントロールが良くて、なかなか点は取れないと思っていましたが、ちょっと打てなすぎ」と3安打だった打線に苦笑い。江口については「よく放ってくれました」と賛辞を贈った。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ