記事の詳細

201410290800
【写真】2回裏浦和学院2死一、二塁、津田の適時右前打で二塁走者の諏訪(右)が生還する。捕手柘植=28日午前、千葉県野球場

 高校野球の第67回秋季関東大会第4日は28日、千葉県野球場で準決勝2試合を行い、埼玉大会王者の浦和学院が健大高崎(群馬1位)に10-8で競り勝ち、2年ぶりの決勝進出を決めた。この試合で浦和学院の7番荒木が二回に右前へ単打、三回に左越えソロ本塁打、五回に右中間へ二塁打、六回に中越えの2点三塁打を放ち、サイクル安打を達成した。

 浦和学院はこれまでエース左腕江口の好投に助けられてきた野手陣が奮起。両チーム計31安打が飛び出した乱打戦で、相手より効率よく加点した打線が消耗の激しい左腕を救った。二回2死一、二塁から諏訪、臺、津田の3連続適時打で逆転すると、六回には幸喜、荒木がそれぞれ2点適時打。西野も左前適時打を放って突き放した。

 投手陣は先発の左腕小倉から右腕桑原、エース左腕江口と継投。五回途中からマウンドに上がった江口は1回戦、準々決勝に次ぐ3連投で疲労の色が濃く、七回に打者11人から7安打を浴びるなど計6失点と精彩を欠いたが、九回まで粘り強く投げ切った。

 最終日は29日、千葉県野球場で決勝を行い、2年ぶり5度目の優勝を狙う浦和学院と木更津総合(千葉1位)が顔を合わせる(10時)。

◇荒木、サイクル安打大暴れ 浦学、きょう木更津総合戦

 (28日・千葉県野球場)

 第4日は準決勝が行われ、浦和学院は高崎健康福祉大高崎(群馬)を10-8で下し、2年ぶりの決勝に駒を進めた。荒木がサイクル安打を達成。2年ぶり5度目を目指す29日の決勝で、木更津総合(千葉)と顔を合わせる(10時・同球場)。

 浦和学院は両チーム計31安打の乱打戦を制した。二回に諏訪、臺、津田の3連続適時打で3-1と逆転。六回には荒木のサイクル安打となる2点三塁打など打者9人の猛攻で5点を挙げ突き放した。9-2の七回に5点を返されたが、逃げ切った。

◇強打支える7番打者

201410290801
【写真】6回裏浦和学院2死二、三塁、荒木が中越えに適時三塁打を放ち、サイクル安打を達成する=千葉県野球場

 ソロ本塁打を含む4安打3打点と大暴れした7番荒木がサイクル安打を達成。報道陣の問い掛けで快挙に気付き、「調子自体はいつも通り。1打席目のバスターでタイミングが合った」と打撃の感触を振り返った。

 もともと長距離打者ではなく、広角に打ち分ける器用さが持ち味。二回無死一塁から逆方向を突く右前打で逆転につなげると、三回には内角高めの直球を左翼席へたたき込んだ。「うまく風に乗ってくれた。点につながってよかった」と、練習試合を含めて初の本塁打を喜んだ。

 五回に右中間へ二塁打を放つと、打者9人の猛攻で5点を奪った六回には2死二、三塁から再び中堅手の頭上を越すクリーンヒット。「打球を見失ってしまった」と止まりかけたが、余裕をもって三塁に到達した。

 周囲も活躍ぶりを高く評価。「右に大きい当たりが打てる。下位であれだけ打てれば打線が機能する」とは中村コーチ。主将の津田も「信頼できるバッター。きょうの試合でひと皮むけたはず」と仲間をたたえた。

 ベンチ入りした夏は川口に敗れた3回戦で代打出場。投ゴロに倒れた悔しさもあり、「ケアが足りなかった」と夏休みに右肩を痛めたが、復帰後はスタメンに定着。強力打線を下支えする背番号7は「しっかりチームに貢献したい」と決勝へ気持ちを引き締めた。

◇打線つながり投手陣を救う

 くすぶっていた打線が闘志の炎を燃やした。

 両チーム合わせて31安打の乱打戦を制した浦和学院が3連覇を達成した2012年以来、2年ぶりの決勝に進出。森監督は「やっと打線がつながり、風にも助けられた」と野手陣の奮闘に賛辞を惜しまなかった。

 過密日程で互いに投手陣の消耗が目立つ中、打線が序盤から勝負強さを発揮した。0-1の二回2死一、二塁から諏訪、臺、津田の3連続適時打で3点を奪い逆転すると、2点リードの六回にも幸喜、荒木の2点適時打、西野の適時打で5点を追加。甘い球を見逃さず、計14安打10得点と攻め立てた。

 9-2と大量リードで迎えた七回。コールド勝ちを目前に併殺崩れで1点を返されると、3連投で疲労の色濃いエース江口が打者11人に7安打を浴びて5失点。終わってみれば10-8と、好機で着実に加点した打線の援護が投手陣を救った。

 29日の決勝では地元千葉の第1代表・木更津総合と激突。指揮官は「全ての投手をつぎ込むしかない。総力戦でぶつかりたい」と関東の頂へ視線を上げた。

(埼玉新聞)

 試合結果
 準決勝 10月28日(千葉県野球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
健大高崎 1 0 1 0 0 0 5 0 1 8 17 1
浦和学院 0 3 1 0 0 5 1 0 x 10 14 1
【浦】小倉、桑原、江口-西野【健】菅谷、橋詰、高橋涼、川井-柘植
▽本塁打:荒木(浦)▽三塁打:荒木(浦)▽二塁打:荒木、山崎滉(浦)柴引、相馬(健)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
諏訪 3 2 1
3 2 1
津田 3 1 1
山崎滉 3 2 1
幸喜 5 1 2
高橋 4 0 0
荒木 5 4 3
西野 5 2 1
小倉 1 0 0
H 田村 1 0 0
1 桑原 0 0 0
1 江口 3 0 0
36 14 10
 健大高崎打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
春日 4 2 0
5 2 0
柘植 5 5 3
⑤3 柴引 6 2 1
大島 3 1 0
R3 小谷 1 0 0
5 比嘉 1 0 0
佐藤 3 1 0
高橋翔 3 0 0
H 柳元 1 0 1
9 皆川 1 0 0
相馬 4 1 1
菅谷 1 0 0
1 橋詰 2 2 0
1 高橋涼 0 0 0
1 川井 2 1 2
42 17 8
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責点
浦和学院 小倉 3 4 2 3 2 2
桑原 1 2/3 2 0 0 0 0
江口 4 1/3 11 2 4 6 6
健大高崎 菅谷 1 2/3 5 1 3 3 3
橋詰 3 2/3 5 2 2 5 5
高橋涼 1/3 2 0 0 1 1
川井 2 1/3 2 1 1 1 1
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 4 6 3 0 1 1 11
健大高崎 4 7 1 0 1 0 15

 荒木がサイクル安打を達成するなど、14安打で10得点を挙げた浦和学院が健大高崎との打撃戦を制した。

 二回に諏訪、臺、津田の連続適時打で逆転した浦和学院は、三回に荒木が左越えソロ本塁打。六回にも打者9人の猛攻で5点を挙げ、2点三塁打を放った荒木がサイクル安打を達成。

 五回途中から登板した3連投のエース江口は9-2の七回に5失点するなど、計6失点とつかまったが、辛抱強く投げ抜いた。

 フォトギャラリー

201410290900 201410290903 201410290904 201410290905
201410290907 201410290902 201410290901 201410290906

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る