浦和学院、左から10安打 練習試合で東洋大姫路下す

 浦和学院(埼玉)が兵庫県姫路市内で東洋大姫路と練習試合を行い、16安打と打線がつながり9-3で勝利した。

 初戦の相手・龍谷大平安はエース左腕・高橋を擁するが、この日は左投手から10安打。4回には打者一巡の猛攻で森士(おさむ)監督は「悪くなかった。これから少しずつゲーム感覚をつかみたい」と振り返った。甲子園春夏通算19度出場の東洋大姫路・藤田明彦監督は「誰がクリーンアップか分からないくらい凄い。これなら平安の投手陣にも対応できる」と評していた。

(スポニチ)

◇浦学10安打快勝 平安高橋攻略へ自信
先制打を含む2安打を放った浦和学院の4番・山崎

先制打を含む2安打を放った浦和学院の4番・山崎

 センバツに出場する浦和学院が14日、東洋大姫路との練習試合で、16安打を放って9-3で快勝した。

 センバツ初戦で対戦する龍谷大平安は最速145キロ左腕・高橋を擁する。この日は相手の左腕2人から10安打。森監督は「振る感覚は悪くない。自分たちを整えることが優先だけど、対策も並行してやっていく」と納得顔。龍谷大平安と昨年練習試合を行った東洋大姫路の藤田監督も「打力は持っている。高橋君にも対応できるのでは」と話していた。

(デイリースポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

おれが初めて高校ハンドボール見たときが、浦学と川東の決勝で今年の新人戦はその懐かしい組み合わせだー

今負けても最後に勝てばいいから、
浦実頑張れい

ENAの質問箱です
最近回答した質問 → 「浦学の先輩からの乗り換えの早さにうちらは感心してます。...」

peing

ENAの質問箱です

何でも質問してください

peing.net

花徳も境も浦学も全然安全圏だって余計勉強しなくなりそう

もっと読み込む...

 

アーカイブ