早大、3年ぶり5度目V 小島投手先発出場 全日本大学野球

201506141500 早大(東京六大学)が終盤の劇的な逆転勝ちで、3年ぶり5度目の日本一に輝いた。

 1点を先制した初回に先発・小島和哉(1年=浦和学院)が2失点して逆転を許した。打線も中盤まで流通経大の155キロ右腕・生田目(なばため)翼(水戸工)に封じられる苦しい展開となった。

 しかし、1-3の7回に1点を返し、2死満塁。石井一成遊撃手(3年=作新学院)が放った一塁正面へのゴロがバウンドが捕球直前で変わり、右前に抜けるラッキーな適時打に。2者が一気に生還し、逆転に成功。その後も互いに点を取り合ったが、早大はエース・大竹耕太郎(2年=済々黌)がリードを守った。

 高橋広監督(60)は就任1季目でリーグ優勝、日本一の栄冠をつかんだ。

(スポーツ報知)

◇第64回全日本大学野球選手権・決勝
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
早大 1 0 0 0 0 0 5 0 2 8
流経大 2 0 0 1 0 0 2 0 0 5
【早】 小島、吉野、○大竹-道端
【流】 ●生田目、小原、豊田、岡田-串畑
笹田(流)石井(早)
笹田(流)
道端(早)折橋(流)
 小島投手成績
球数 被安打 奪三振 与四死球 失点
2 2/3 55 4 1 3 2


拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

今日で関東大会⚾も閉幕だけど、改めて関東の面白さを感じる大会になった。と同時に、夏も
'15年 徳栄×東海大相模
'16年 徳栄×作新学院
'17年 徳栄×前橋育英/東海大菅生
'18年 徳栄×横浜/浦学×二松学舎
と4年連続で関東勢と対戦しており、夏までに埋めるべき差を認識出来たこと意義深い。

山村学園が浦学や徳栄の驚異であることは間違いなし😱

東海大相模相手に負けたとはいえ
延長戦にまで持ち込んだのはスゴいよ😆

もっと読み込む...

 

アーカイブ