記事の詳細

南稜との5回戦で4安打完封勝利を挙げた浦和学院・江口=県営大宮球場

南稜との5回戦で4安打完封勝利を挙げた浦和学院・江口

 埼玉大会4回戦が県営大宮球場で行われ、今春のセンバツで4強入りした浦和学院が南稜を2-0で下した。

 強力打線が相手先発・横山尚輝投手(3年)を攻めきれなかったが、エース左腕の江口奨理投手(3年)が4安打完封。ベスト16進出を決めた。

 森士監督は「夏の前に練習試合をして、いい投手で好チームという印象が残っていた。その中で良いところも悪いところもあった」と苦笑い。5回戦に向けて「チームとしての成長度が夏の台風のように遅い。どこかで偏西風に乗ってほしい」と期待を込めていた。

(サンスポ)

◇浦和学院・江口、4安打10K完封で5回戦へ

 浦和学院が完勝で5回戦へ駒を進めた。先発の江口奨理投手(3年)が4安打完封。10奪三振と危なげない内容で投げきった。江口は「内容は良くなっているけど、四球(5四球)が多かったのは反省材料」と語った。森士監督(51)は「相手は練習試合をやっていい投手がいるのは知っていた。接戦になると思っていた。いい面は江口がよく投げたこと。悪い面は点を取るべきところでの集中力が足りない」と課題も忘れなかった。

(日刊スポーツ)

拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る