浦和学院、隙見せず5回コールドで準決勝進出

 浦和学院が、すきを一切見せず5回コールド勝ちで準決勝へ進出した。

 初回に打者一巡の猛攻で5点を先制すると、その後も順調に加点。先発の小倉匡祐投手(3年)が3回、榊原翼投手(2年)が1回、エース江口奨理投手(3年)が1回を投げ完封リレー。

 森士監督(51)は「相手投手の疲労もあって、立ち上がりにうまく攻撃できた。ここまでの試合で、けが人を出さずに来られたのは良かった。準決勝と決勝は集大成のつもりで臨みたい」と語った。

(日刊スポーツ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

総体
神奈川県2次予選
準々決勝
2019.6.16
@日大藤沢G

三浦学苑 2(延長)1 平塚学園

後半13分 8渡邊波季(平塚学園)
後半40分+4 10相原琉希(三浦学苑)
延後8分 6押本凌弥(三浦学苑)

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

2019 インターハイサッカー男子
神奈川予選

▼準々決勝
日大藤沢 3-2 横浜創英
東海大相模 3-2 湘南工大附
橘 0-1 桐光学園
三浦学苑 2-1 平塚学園

▼準決勝
日大藤沢 vs 桐光学園
東海大相模 vs 三浦学苑

先制した平学がキーパーのスーパーセーブやポストなどに助けられK1三浦を倒したと思われたが最後セットプレーから押し込まれ延長に。暑いし疲れたで笑2試合連続延長はきつい

もっと読み込む...

 

アーカイブ