浦和学院、隙見せず5回コールドで準決勝進出

 浦和学院が、すきを一切見せず5回コールド勝ちで準決勝へ進出した。

 初回に打者一巡の猛攻で5点を先制すると、その後も順調に加点。先発の小倉匡祐投手(3年)が3回、榊原翼投手(2年)が1回、エース江口奨理投手(3年)が1回を投げ完封リレー。

 森士監督(51)は「相手投手の疲労もあって、立ち上がりにうまく攻撃できた。ここまでの試合で、けが人を出さずに来られたのは良かった。準決勝と決勝は集大成のつもりで臨みたい」と語った。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

【社会学】データでわかる2030年の日本 《三浦 展》 洋泉社 2013-05-10 P: 携:https://t.co/6rsmOX9Mf3

浦学のショートの中前君を竹村二世とか言ってる動画、オレしか分からなすぎて最高

Amazon医学・薬学・看護学・歯科学 > 眼科学 売れ筋ランキング6位 形浦 昭克『2つの顔を持つ臓器 扁桃とその病気』

浦学の蛭間は来年早稲田に来るのか!楽しみやな

浦学の渡邉とか当たりやと思うんやけど全体20番目まで残ってるんかね

もっと読み込む...

 

アーカイブ