早大先勝 今季初先発の小島(35期生)が6回2失点好投

<東京6大学野球:早大4-2立大>◇第4週第1日◇3日◇神宮

 早大が序盤のリードを守りきって先勝した。初回に道端俊輔捕手(4年=智弁和歌山)の右翼線への2点適時二塁打で先制。2回にも河原右京内野手(4年=大阪桐蔭)の右前適時打で1点を追加した。

 投げては今季初先発の小島和哉投手(1年=浦和学院)が、6回に2点を失うも4安打5奪三振の好投で今季初勝利。小島は「点を取られないことと、テンポよく投げることを意識した。勝負どころでは良いボールがいった」。高橋広監督(60)は「道端の1本は大きかった。2点ですからね。小島もよく投げてくれた」とバッテリーをたたえた。

(日刊スポーツ)

◇センバツV左腕・小島、6回4安打2失点!早大が今季初勝利

 早大は、浦和学院で13年春センバツの優勝投手となった1年生左腕・小島和哉が、今季初先発で6回4安打2失点の力投。今季初勝利をマークし、チームも先勝した。

 5回まで1安打のみで無失点。4―0の6回に3安打を浴びて2失点したが、味方のリードは守った。初の1回戦先発を託され「結構緊張していた。2死から四球を3度も出してしまった。3人で終わったのの1イニングだけ。これでは先発として良くない」と反省しきりだったが、最低限の仕事は果たした。これで春のデビューから負けなしで通算4勝目となった。

(スポーツ報知)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

来年プロ行って欲しい人

東海山崎
立正渡部
ENEOS藤井
山学平野
浦実豆田

こんなもんか、jfeには今さっき失望した

この試合
観戦した試合で浦和学院に勝った!
実は母校になってた学校。

高森君が投げて打たれる気はしなかったけど、三又君打てる気もしなかった。

ほぼ、負け試合で勝ったのは浦学に勝ちたいと言う執念より、負けたくないと言う執念だったのかな。

夏に続いて良き試合を見せていただいた

もっと読み込む...

 

アーカイブ