記事の詳細



 (3日・県営大宮ほか)

 第3日は準々決勝4試合が行われ、初戦に臨んだ県大会王者の浦和学院は桐生第一(群馬)に1-6で敗れ、同準優勝の花咲徳栄も木更津総合(千葉)に1-2で惜敗。ともに4強入りを逃し、地元開催の県勢は姿を消した。

 浦和学院はエース右腕榊原が二回に3点を許すと、四回には二番手の右腕わが2失点。打線は四回、前田の左越えソロ本塁打による1得点のみだった。

 花咲徳栄は二回に野本の左越えソロ本塁打で先制したが、三回にエース左腕高橋昂が2本の適時打を浴びて逆転された。

 第4日は4日、県営大宮で準決勝2試合が行われる。

◇投手陣自滅 打線も沈黙
桐生第一-浦和学院 2回表、3失点しマウンドの榊原(1)のもとへ集まる浦和学院ナイン=県営大宮

桐生第一-浦和学院 2回表、3失点しマウンドの榊原(1)のもとへ集まる浦和学院ナイン=県営大宮

 地元開催最後の砦(とりで)がもろくも崩れ去った。準々決勝が初戦となった県王者の浦和学院は桐生第一の前に投打でいいところなく完敗。森監督は「全ての面で、上で通用する実力になっていない」と受け入れた。

 失点の形も、好機での凡打の仕方も悪かった。

 二回、先発のエース榊原が下位打線への2死球が絡み、2本の適時打で3点を先制された。四回には、この回からリリーフした辻が先頭に死球を与えると2死二塁から連続適時打を浴び2点。さらに五回は失策からピンチをつくり、再び適時打で追加点を献上。辻は「焦りが投球に出てしまった」と肩を落とした。

 こういう展開になってしまった以上、打ち勝つしかなかったが頼みの強力打線も迫力を欠いた。奪った得点は四回の4番前田のソロの1点のみ。計8安打を放ちながらも全6三振中、三つが走者を得点圏に置いた場面で喫した。もう少し、浦学らしい一球に食らい付く打撃を各打者に見せてほしかった。

 悔しさをかみしめながら「もう一度、自分たちを見つめ直したい」と榊原。この敗戦を生かすか、殺すか。このまま終わっていくほど柔な選手たちではない。

◇4番前田が初本塁打 「ミス」挽回の一発
4回裏浦和学院無死、前田が左越えソロ本塁打を放つ

4回裏浦和学院無死、前田が左越えソロ本塁打を放つ

 県大会ではつなぐ打撃に徹してきた浦和学院の4番前田が公式戦初本塁打。5点を追う四回無死から「回の先頭で出塁だけを考えていた。変化球は頭の中にあった」と内に入ってくるカーブを左翼席に運んだ。

 二回2死満塁のピンチでは、自身の守る一塁線に飛んだ打球が荒れた走路でイレギュラーバウンド。記録は2点適時打となったが、「ミスの分を取り返したかった」と闘志を燃やしていた。「重圧のある場面で力を発揮できるように」と冬場の成長を掲げた。

(埼玉新聞)

◇「夏の全国」誓う 浦学・前田選手

 5点を追う四回、先頭打者で打席に立った浦和学院の前田陽太選手(2年)は「絶対に打って、取り戻す」と言い聞かせた。二回の守備で、イレギュラーした一、二塁間への打球に飛びついたが間に合わず、右前に転がり2点適時打に。

 その借りを返そうと、カウント3-2から甘く入った狙い球のカーブを振り抜くと、打球は左翼スタンドへ消えた。森士監督が「生活面を含め非常に真面目」と評価する前田選手。事前に相手投手を研究し、何度も頭にイメージしていたカーブだった。

 4強入りを果たせず、チームは2年連続の選抜出場が厳しくなった。試合後、前田選手は「目標は夏の全国制覇。この冬、一から鍛え直します」と誓った。

(朝日新聞埼玉版)

◇来夏に向け底上げ 浦和学院・森士監督

 マウンドに立った2投手とも立ち上がりが良くなく、終盤にやっと落ち着いて、打線も反撃ムードになったが、前半の失点が大きかった。来夏に向けてチーム力の底上げを図る。

◇一からやり直す 浦和学院・諏訪賢吉主将

 力不足。相手投手がインコースを攻めてくることは想定していたが、打ち崩せなかった。積極的な打撃ができず、序盤から点をとられ、気持ちを切り替えられなかった。一からやり直す。

(毎日新聞埼玉版)

 試合結果
 準々決勝 11月3日(県営大宮球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
桐生第一 0 3 0 2 1 0 0 0 0 6 11 1
浦和学院 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 8 1
【桐】 内池-高田
【浦】 榊原、辻-梶山
前田(浦)
追川(桐)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
家盛 4 0 0
H 桑原 1 1 0
R 森川 0 0 0
杉山 5 2 0
諏訪 4 0 0
前田 3 1 1
幸喜 4 1 0
小澤 4 1 0
梶山 2 0 0
山本 4 2 0
榊原 1 0 0
1 2 0 0
H 燈中 1 0 0
35 8 1
 桐生第一打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
追川 5 3 3
高田 4 2 1
池田 5 0 0
鏑木 4 1 0
寳田 2 1 0
内池 4 2 0
小野 2 1 1
下間 4 1 1
斎藤 3 0 0
33 11 6
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責点
浦和学院 榊原 3 5 1 2 3 3
6 6 4 1 3 2
桐生第一 内池 9 8 6 4 1 1
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 6 4 0 1 1 1 11
桐生第一 5 3 3 3 1 1 6

 投手陣が踏ん張れなかった浦和学院が桐生第一に完敗した。

 浦和学院は先発榊原が二回に2本の適時打で3点を先制されると、四回はこの回から代わった2番手辻が連続適時打で2点、五回にも1点を失うなど計11安打を浴びた。援護したかった打線は四回に前田の左越えソロで挙げた1点のみ。8安打を放ちながらも、好機で畳み掛けられなかった。

拍手する


関連記事

    • 浦学ファン
    • 2015年 11月 08日

    是非、夏はその言葉通り全国制覇目指して頑張ってください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る