東洋大の新主将にプロ注目の笹川 1部復帰の立役者

 東都リーグの1部復活を果たした東洋大学の新主将に、来春ドラフト候補の笹川晃平外野手(浦和学院高33期生)が就任することが決まった。

 チームは今秋、駒沢大との入れ替え戦を2勝1敗で制し、2012年秋以来の1部再昇格を決めた。ヤクルトからドラフト1位指名されたエース・原樹理が気迫の3連投。笹川はその原から、主将の座を引き継ぐことになった。

 笹川もプロが注目する強肩強打の右打者。2部ながら2年春には首位打者に輝き、同年秋には近藤健介(日本ハム)、田口麗斗(巨人)、鈴木誠也(広島)らとともに、プロアマ混合チームで臨んだ「21U野球ワールドカップ」にも出場した。

 来季は3年ぶりの1部挑戦となるが、高橋昭雄監督は「1部でもチームを引っ張るプレーを見せてほしい」と新主将に期待を寄せた。

(ベースボールキング)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

浦学にコンビニ出来るのめっちゃ楽しみなんだけど!!お菓子とかおにぎりとか売って欲しい!

浦学⚾️40期の皆さん、ひとまずはお疲れさまでした
思うような結果は出ない代だったかもしれませんが、そのぶんこれからそれぞれの道で大きな花を咲かせてください
応援させていただき、ありがとうございました。

てか浦実は浦学にかったのか。凄いじゃん。中前君見れないのは少し残念だけど。

もっと読み込む...

 

アーカイブ