東洋大、野手はドラフト候補に有望新入生も加入

 東洋大は大黒柱の原樹理(ヤクルト)が抜けたが、充実の戦力で7季ぶりの1部復帰で即優勝を狙う。

 特に野手はドラフト候補の外野手・笹川、遊撃手・阿部のほかに、昨夏のU18高校日本代表で浦和学院出身の津田が加入した。攻守に抜群のセンスを誇る遊撃手は、代表で同じポジションだったロッテ・平沢らとは今も連絡を取っているという。「チームの勝利に貢献したい。僕も4年後に同じ場所へ行きたい」と気合十分。高橋昭雄監督は「教えることがない」と高く評価し、DHでの起用も検討している。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

山村学園が浦学や徳栄の驚異であることは間違いなし😱

東海大相模相手に負けたとはいえ
延長戦にまで持ち込んだのはスゴいよ😆

春日部共栄さん、浦和実業さん、山村学園さん、東農大三さん、そして花咲徳栄さん、夏は浦学ですよ。

もっと読み込む...

 

アーカイブ