東洋大ルーキー・津田がリーグ初安打「気持ち楽になった」

 東洋大の津田翔希二塁手(1年)が6日、東都大学野球春季リーグ2回戦・専大戦でリーグ初安打を放った。

 「7番・二塁」でリーグ初先発すると、0―2の2回無死一、二塁から捕前にバント安打を決め、先頭打者の4回にも中前打。続く6回は見逃し三振に倒れ、8回の第4打席で代打を送られてこの日は3打数2安打だった。

 浦和学院時代の昨夏、高校日本代表入りした注目のルーキーは「スタメンは凄く緊張した。バント安打でラッキーだったが気持ちは楽になった」と振り返った。ただ、チームは4-9で敗れただけに「あすも出場機会があると思うので、自分が(試合を)決めてやろうという気持ちで準備していく」と、早くも7日の3回戦へ切り替えていた。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

今日は平塚球場で横浜高校VS三浦学苑高校の試合を観戦❗️
3ー1で横浜高校の勝利だったけど三浦学苑の投手も粘り強かったし終盤の攻撃もチャンス作っててとても良い試合でした。
初の高校野球だったけど楽しかった✨
#第101回全国高等学校野球選手権大会

もっと読み込む...

 

アーカイブ