記事の詳細



 昨秋と今春県王者の浦和学院は初戦で鴻巣と対戦する。

 諏訪賢吉主将(3年)は抽選を終え「やっと決まった。抽選日を楽しみにしていた」と答えた。

 今春県大会決勝で4番で出場したスーパー1年生、蛭間拓哉外野手(1年)については「1年生になのに堂々としている。1球1球フルスインで打つスタイルで、自分にはないものを持っている」と実力を認めた。

(日刊スポーツ)

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る