記事の詳細

 (25日・県営大宮ほか)

 第2日は4球場で2回戦の残り12試合を行い、ベスト16が出そろった。

 川越工は3-1で正智深谷に競り勝った。大宮南はエース左腕熊谷が川口工を完封し、4-0で快勝。3連覇を狙うBシード浦和学院は川越東を9-2の八回コールドで退けた。

 4季連続の甲子園を目指すAシード花咲徳栄は慶応志木に9-1と七回コールド勝ち。越ヶ谷は大宮東を5-2で下し、初出場の星野は6-1で草加西を制し、16強入りを決めた。

 26日の休養日を挟み、3回戦は27日、県営大宮など3球場で8試合を行い、8強が決定する。

浦学、打線がつながり3連覇へ好発進

 3連覇を狙うBシード浦和学院が八回コールド勝ちで好発進。川越東を大差で圧倒した。森監督は「先取点が取れて、攻撃のリズムが良かった」と振り返る。先制、中押し、ダメ押しとお手本のように打線がつながりを見せた。

 先発した1年生左腕佐野も「右打者へのインコースに良く投げられた」と、切れのある直球を軸に8回を2失点。主将の赤岩は「どこのチームもレベルの差はない。一戦必勝で戦っていきたい」と目の前の相手に集中していくつもりだ。

(埼玉新聞)

期待の1年生左腕

 川越東と浦和学院の強豪対決は、浦和学院がコールド勝ち。八回を完投し2失点に抑えた佐野涼弥投手(1年)は試合後、「右打者への内角の直球が良かった」と笑顔をみせた。

 1年生左腕の好投に、赤岩航輔主将(2年)は「テンポよく投げて試合を作ってくれた」と感謝。森士監督も「自分の投球を心がけ、大崩れせずに投げてくれた」と評価し、「いろんな経験を積んでいってほしいね」と更なる成長に期待した。

(毎日新聞埼玉版)

 試合結果
 県大会2回戦 9月25日(県営大宮球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
川越東 0 1 0 0 0 0 1 0   2 6 3
浦和学院 2 1 0 3 0 0 0 3x   9 12 1
【浦】 佐野-秋山
【川】 苅部、小笠原-黒川
山本、蛭間(浦)上村(川)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
矢野 3 1 1
杉山 3 2 1
家盛 3 1 2
蛭間 3 2 0
山本 4 1 3
燈中 4 1 0
H 赤岩 1 1 1
秋山 3 1 0
佐野 3 0 0
森川 3 2 0
30 12 8
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四球 死球 失点
浦和学院 佐野 8 6 8 0 0 2
川越東 苅部 7 1/3 10 2 3 3 7
小笠原 1/3 2 0 0 0 2
拍手する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る