記事の詳細



現役を引退する右から大塚、須永、荒張、米野は木田GM補佐から花束を受け取る

現役を引退する右から大塚、須永、荒張、米野は木田GM補佐から花束を受け取る

 今季限りで現役引退を発表した日本ハム米野智人捕手兼任2軍バッテリーコーチ補佐(34)ら4選手が30日、札幌市内で記者会見に出席した。

 米野の他に、須永英輝投手(31)大塚豊投手(28)荒張裕司捕手(27)が出席。米野は北照からヤクルトに入団し西武、日本ハムの3球団を渡り現役最後は故郷で終える決断を下した。「リーグ優勝、日本一のチームで最後に野球を終えられて本当に幸せ」と笑みをこぼした。

 須永は日本ハムでプロをスタート。巨人を経て15年に日本ハムに復帰した。「約8年半、お世話になり、なかなか結果を出せなかった」。大塚は「今はスッキリしています。ファイターズでは人間的にすごい成長させてくれた。素晴らしいチーム」と感謝した。大塚、須永は球団スタッフとして再スタートする。

 1軍未出場でプロ生活を終えることになった荒張は、来年度の東京消防庁の採用試験を受け第2の人生を歩むことを決めた。「この先の人生は長い。この決断をして良かったと思えるようにしたい」と誓った。

(日刊スポーツ)

須永英輝投手コメント

「このたび引退してチームを支えていくことを決めました。温かいご声援ありがとうございました。ファイターズには8年半お世話になり、1年目から先発として使ってもらいながら、プロのレベルの高さを感じてなかなか結果を残すことができませんでした。今度はスタッフとして少しでも貢献していきたいと思います。なかなか活躍できず悔しさはありますが、自分で決めたことなので(引退に関して)悔いはありません」

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る